技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
インタビュー

大連DDポート、DIGITALとDNAの2つのDで新風巻き起こす

大連双D港産業園区管理員会副主任 生偉氏

中田靖=アジアビジネス本部
2012/05/14 08:00
印刷用ページ

古くから多くの日本企業が進出している遼寧省大連市。そこにおいて、今注目の新進開発区がある。それが大連双D港産業園区(DDポート)だ。2つのDはDIGITALとDNAを指す。つまりITや製造業などの先端技術分野を意味するDIGITALと、バイオ医薬やバイオ食品産業分野を意味するDNAという2つのDを柱に産業園区を作り、新たな発展を目指している。そこで大連双D港産業園区管理員会副主任の生偉氏にこの新しい開発区の発展のシナリオを聞いた。(聞き手は、中田靖=アジアビジネス本部)

大連DDポートは金州新区の中核開発区

大連市にはいくつかの開発区があります。大連双D港産業園区(DDポート)とはどのような開発区なのですか。

生偉氏
生偉氏
大連双D港産業園区管理員会副主任

 大連双D港産業園区(DDポート)はその名前の通り、2つのDを産業の柱としています。1つ目のDはDIGITALのDので、ITと製造業を意味しています。2つ目のDはDNAのD、つまりバイオ医薬やバイオ食品を意味しており、この2つのDに象徴される産業発展を目指しているのです。

 DDポートは、最初は市内にある大連ハイテクパーク(大連高新技術園区)が多くの進出企業によって収容しきれなくなったため、その飛び地として、大連市の北東に建設されたのが始まりです。その後、2008年に管理委員会が大連ハイテクパークから大連経済技術開発区に移り、さらに2010年4月には大連経済技術開発区が金州区と合併して、金州新区となりました。単なる開発区ではなく、新たな都市(新区)として、工業団地をはじめ、商業施設やビジネスセンターも含めた大規模な開発を進めることになったのです。

タイトル

 その際に金州新区内に10大工業園区を建設し、DDポートもその1つとして独立した管理委員会を作ることになり、今に至っています。大連ハイテクパークの飛び地の頃は約10平方キロの敷地面積だったのですが、金州新区となってからは敷地面積を30平方キロに拡大しました。

インテルがアジア初の前工程半導体工場を建設

DDポートでは2つのDであるデジタルとバイオ医薬分野に注力するということですが、具体的にはどのような産業を柱と考えていますか。

 金州新区がDDポートに課した役割は産業の付加価値を高めることにあります。DDポートでは2つのDの中でも以下の4つの産業を重点的に発展させようと考えています。1つはLEDチップ産業です。昨年12月、広東徳豪潤達電気股フェン有限公司の大連子会社、大連徳豪光電科技有限公司が世界最大規模のLEDチップ工場の稼働を開始しました。またインテルは2010年10月から半導体製造施設を大連で稼働させています。インテルが半導体の前工程工場を建設するのはアジアでは大連が初めてとなります。インテルは25億ドルを投資しています。

タイトル

 もう1つの産業は工作機械です。実は工作機械分野は最も発展が進んでいて、既に産業チェーンが構築されています。世界のトップメーカーもDDポートに進出しています。昨年10月に進出した日本のヤマザキマザックは工作機械の工場の建設を進めていて、今年秋には汎用の小型CNCと小型マシニングセンタ(MC)の生産を開始する予定です。

 3つ目はバイオ医薬です。DDポート内にあるバイオテクノロジー/医薬バイオ産業パークには、実に大連のバイオ医薬関係の7割が進出しています。ここではワクチンの研究開発や漢方医薬の研究開発だけでなく、なまこのエキスを抽出したり、バイオテクノロジーを使った食品開発なども盛んです。中国の大手食品会社も進出しています。

タイトル

 4つ目はソフトウエア・アウトソーシング産業です。これまでは市内のハイテクパークが担っていた分野ですが、これからはDDポートでも積極的に誘致を進めていきたいと考えています。DDポートは市内から離れているので、これまでこうした産業がなかなか進出しにくい状況でした。しかし、金州新区として都市開発も進めていくことになったので状況が変わりました。昨年、日立製作所が地元企業と組んでDDポートに進出を決めました。今年5月には鍬入れ式も終わり、年内に施設が完成する予定です。電子商取引や動画技術といった新しい分野の産業が発展していくと期待しています。

好評につき第2期開講決定!【2015年5月22日開催・技術者塾】
ものづくりイノベーター養成講座 (全5回)
経営視点から"ものづくり"をリードする着眼力と実行力を磨く


21世紀には“ものづくり”とビジネスモデルを同時に考えることのできる“ものづくりイノベーター”が求められています。
本講座では、経営者を支えて新製品・事業の開発で貢献できる人材を育成します。森岡謙仁氏とゲスト講師による講義に加え、ワークショップによって実務ノウハウを習得できます。 詳細は、こちら

日時:2015年
   5月22日(金)、6月12日(金)、7月8日(水)、
   8月5日(水)、9月16日(水)
   各日10:00~17:00(開場9:30)予定
会場:日経BP社 4F(東京・白金高輪)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング