技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 
インタビュー

建機と自動車で発展する長沙 工業総生産3500億元へのシナリオ

長沙経済技術開発区主任 李科明氏

中田 靖=アジアビジネス本部
2012/01/31 07:00
印刷用ページ

中国本土の中心部に位置する湖南省長沙市は、中国最大の建設機械メーカーで、福島原発事故のときは原子炉冷却の放水のために巨大なコンクリートポンプ車寄贈して話題となった三一集団のおひざ元だ。その長沙発展の原動力を担っているのが長沙経済技術開発区である。建設機械産業と自動車産業を二大中核産業とする長沙経済技術開発区は、12次五カ年計画を推進する2015年までに、工業総生産3500億元(約4兆2525億円)を目指すという。その発展のシナリオを開発区主任の李科明氏に聞いた。(聞き手は中田靖=アジアビジネス本部)

李科明氏
李科明氏
長沙経済技術開発区主任
 

4つの交通網の整備で産業発展促す

長沙経済技術開発区の地理的特徴を教えてください。

 「湖南が通じると中部が通じる、中部が生きると国土が生きる」という言い方があるように、湖南省は中国の中心部にあって、国土発展の重要な鍵を握っています。長沙経済技術開発区は湖南省の省都である長沙市の東北部に位置しています。高速道路、高速鉄道駅、港、空港といった4つの交通要所までそれぞれ15分で到達できます。

 高速道路は北京-珠海高速と成都-厦門高速が開発区内を交差しています。長沙には長沙駅(在来線)と武広線駅(武漢から広州までの高速鉄道)があり、長沙駅は湖南省最大の駅で、開発区の西8キロに位置していて、武広線は開発区を縦貫しています。高速鉄道を利用して広州まで2時間で移動でき、上海-昆明高速鉄道も2013年に開通予定です。長沙霞凝新港からは湘江を使って船で上海まで2日間、広州まで1日で到達できます。一方、黄花国際空港から北京、上海、広州、香港までそれぞれ2時間で移動できます。バンコク、ソウル、釜山、大阪、クアラルンプール、シンガポールまでの直行便も出ているなど、内陸部にあっても交通の不便さを感じることは少ないでしょう。

タイトル
【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング