• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > SSD,「価格が急速に下がってもすぐには市場は拡がらない。使い勝手の向上が不可欠」

SSD,「価格が急速に下がってもすぐには市場は拡がらない。使い勝手の向上が不可欠」

東京大学 大学院 工学系研究科 電気系工学専攻・工学部 電気電子工学科 准教授 竹内健氏

  • 安保 秀雄=編集委員
  • 2009/05/18 21:57
  • 1/1ページ
NANDフラッシュ・メモリを利用したストレージ装置「SSD(solid state drive)」は低価格化が急速に進み,2012年には256Gバイト品が50米ドルで手に入ると推定されている。それに伴って,用途や市場が拡大すると見られているが,「価格が下がるだけでは,市場はそれほど大きくならない。機器メーカーが使いやすい環境を整えなければならない」と,東京大学 大学院 工学系研究科 電気系工学専攻・工学部 電気電子工学科 准教授の竹内健氏は指摘する。竹内氏に,SSDの現状と課題,開発の方向性について聞いた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓