日経テクノロジーオンライン

日経ものづくり 2005年8月号

田野倉 力
2005/07/29 13:48
 
日経ものづくり8月号表紙
年間購読のお申し込み
日経ものづくり バックナンバー
日経ものづくりとは
日経ものづくり6月号目次
特集
直言
万華鏡
詳報
中国的秘密・日本的秘策
アイデアコーナー
ものづくリサーチ
特報
なるほどtheメソッド
プロジェクト管理
開発の鉄人 ものづくりを語る
ドキュメント
事故は語る
現代ものづくり考
ITコンサル日記
材料力学マンダラ
組み込みソフト玉手箱
キラリ輝く中小企業
新製品
テックオンランキング
読者の声・次号予告
カレンダー
日経ものづくりの年間購読お申し込み
最新号・バックナンバーを一冊だけ買う
メール配信登録
読者インフォメーション
  • 海外でも国内と同一料金で
  • 送本先の変更
  • 未着・乱丁・落丁
  • Q&A
  • Tech-On!書店
  • Tech-On!セミナー

  • 働き手がどんどん減っていく。GDPが減るとか,年金が破綻するとか,危機感をあおる話ばかりが伝わってくる。前向きに考えてはどうか。製造業にとってチャンスである。働き手が減るのなら,それを補うための技術が要求される。いや,要求される前に先回りして提案すれば,新しい市場をつくれるのである。(浜田基彦,高野 敦)

    【PART1】今,なぜ省力化か?
    【PART2】任せなさい
      (1):トラックを運転する ・・・ トラック2台を連結
      (2):見回る ・・・ 撮影し続けるロボット
      (3):記録に残す ・・・ 声をテキストデータに変換
      (4):タマネギの下ごしらえ ・・・ 皮だけでなく端も根も取る
      (5):入浴・就寝介護 ・・・ 寝返りを完全に再現
      (6):肉を焼く ・・・ “鉄板”の余熱を使う
      (7):米を作る ・・・ シートを敷くだけで田植え
      (8):野菜を作る ・・・ 地面に穴を開け,肥料を仕込む
      (9):ご飯を盛る ・・・ スクリュで押し,ローラでほぐす

    ■ 緊急レポート■
    拡散するアスベスト被害

    アスベストの恐怖はもう一度やってくる
    今後は,過去の負の遺産である労災認定件数は増加するものの,新たなアスベスト被害が発生することはない—。勢い,かかる考えを持ちたくなるが,実は,アスベスト問題はそれほど単純ではない。将来に,大きく二つの禍根を残している。


    トヨタ式マネジメントはITの基盤整備にも有効


    “水素”が大好物,燃料電池を搭載のロボット登場 ほか



    - エネルギ効率向上する携帯電話機向け燃料電池
    - 混流生産のタクトタイム50秒,ホンダが速さで他社を凌ぐ
    - 神鋼の抗菌めっきに新効能,SARSと同属のウイルスを不活化
    - 森精機,MCやNC旋盤に負けない加工能力を持つ複合加工機
    - NECインフロンティア東北,内製化率高めてコストを削減
    - 川崎重工,シミュレーション活用で板成形の試作レスを推進
    - 「特許法は前提から時代遅れ」キヤノン顧問の丸島氏が指摘
    - テンブロス,製造現場向けに質の高い人材求めてブラジルに供給拠点
    - 2次元の構想設計機能を強化した「CATIA V5R15」
    - データベースとソフトの統合を進める「Teamcenter」
    - 製品原価をリアルタイムで確認可能なシステム


    第8回 続・たかがねじ,されどねじ 安いなりのワケがある


    らせん状ワイヤがごみフィルタ端面をはじく
    半円形状で接着面を効率的にはがせる容器


    今月の調査テーマ:日本製造業,中国におけるチャンスとリスク

    6割がコスト上昇とストライキを懸念

    日本と中国の間には複雑な問題が横たわっており,日本の製造業から見ると中国への進出はチャンスも大きいがリスクも大きいという現実がある。反日感情が高まる中,中国のローカルリスクである「チャイナリスク」を懸念する回答が85%を超えた。一方で,安価な労働力への期待も依然大きい。


    中国向け製品,価格勝負は今は昔

    中国で高級機を造って売る
    中国向け製品にどうしても盛り込みたかったのが2枚刃仕様。電気かみそりをステータスとする中国人に,静粛性はポイント。双方の刃の音を消し合うので圧倒的に静かなのだ。ただし2枚刃はコストが高い。刃以外の部品は現地調達するなど,コストを徹底削減した。


    CADから飛び出す3次元モデル

    3次元,ツールもデータも適材適所
    ビューワの機能を調査するにあたって,開発プロセスのどの段階で,どのような機能が必要なのかを整理した。サービス,承認,CAEの結果確認,部品設計,組み付け手順,原価検討,検査,認証書類—といった業務を想定し,必要となる機能は何なのかをまとめた。



    新しいTRIZ 最終回
    多数の解決策を引き出す機能/属性分析とオペレーター


    第2回 必要最低限のデータを収集し、 基本形となるモデルを作成

    第15回 「至れり尽くせり」に 価値がある

    ボタンという“旧態依然”に見える商売にも成功者はいる。
    アイリスという会社は,ボタン用の染料で収益を上げている。
    これが,実は他社の染料をブレンドして売る仕事だ。
    ブレンドする「だけ」と思ってはいけない。
    ブレンドそのものに価値があれば,ユーザーは喜んで金を出す。
    技術指導を含めた「至れり尽くせり」に価値がある。


    ホンダ「レジェンド」の開発 最終回 高い山を目指して


    カー・ナビゲーション・システム
    音楽・映像・パソコン機能を備え
    「インフォテインメント」基地へクルマを進化


    先を見込んだIT導入
    企業成長の基盤を確立

    第8回 ボルト締結部を設計する(II)

     この夏,ある学会で講演を頼まれました。ボルト締結にかかわる事故について話してほしい,と。実は,この種のテーマの講演依頼は後を絶ちません。裏を返せば,ボルト締結にかかわる事故が後を絶たないということ。ボルト締結の重要性を認識しつつも,その正しい設計法を知る人が少ないということにほかなりません。

    第8回 第三者のレビューが手戻りを半減

     普段,料理などしたことのなかった娘が料理を作った。有名シェフの料理本を見ながら,忠実に再現してみたとのことだが悲惨な出来。味見というより毒見をさせられた家族も悲惨である。その原因はすぐに分かった。料理の途中で,火の通り具合も味見も全くしていなかったためであった。

    名古屋精密金型(射出成形金型,愛知県・東浦町)

    主力は自動車ランプ用金型で,同分野での国内シェアはトップクラス。2年前に鈴鹿富士ゼロックスからガスアシスト方式の技術供与を受け,家電やOA機器など新分野向けの金型生産も開始した。

    三力工業(金属加工,東京都大田区)

     アルミニウム合金を主体とする金属加工および製品製造販売。プレス加工後に残留応力・残留ひずみを取り除く技術で,ハードディスク基板の発展に貢献してきた。現在は少量多品種生産が中心。

    新製品

    PBI/PEEKアロイ 価格はPIの1/3  など

    Tech-On!ランキング

    読者の声・次号予告

    カレンダー

    記事一覧

    マイページ

    マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

    マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

    協力メディア&
    関連サイト

    • 日経エレクトロニクス
    • 日経ものづくり
    • 日経Automotive
    • 日経デジタルヘルス
    • メガソーラービジネス
    • 明日をつむぐテクノロジー
    • 新・公民連携最前線
    • 技術者塾

    Follow Us

    • Facebook
    • Twitter
    • RSS

    お薦めトピック

    日経テクノロジーオンラインSpecial

    記事ランキング