• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経Automotive Technology 2014年1月号 > マツダ「アクセラ」

日経Automotive Technology 2014年1月号

マツダ「アクセラ」

3種類のパワートレーンを用意 ハイブリッドは「プリウス」がベース

  • 2013/11/22 19:01
  • 1/1ページ

マツダは10月、新型「アクセラ」の国内仕様を発表した。ハッチバックとセダンの二つのボディ形状があり、パワートレーンはガソリンハイブリッド、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンの3種類を用意する(図1)。11月からハイブリッド車(HEV)とガソリン車を発売し、2014年1月にディーゼル車を発売する。

 新型の販売比率は、HEVが40%、ガソリン車が45%、ディーゼル車が15%と予想する。アクセラの開発主査を務めた猿渡健一郎氏は「国内で新車を認知してもらうには“ハイブリッド”という付加価値が必要」とHEV導入の意図を語った。一方、ディーゼル車は18インチのホイール、ガラスサンルーフ、ハーフレザーのシートなど装備を充実させ、価格が300万円弱と最も高価なグレードに位置付けた。

 ハイブリッド車のエンジンは排気量2.0Lの直列4気筒ガソリン、ガソリン車には排気量2.0Lと1.5Lの直列4気筒の2種類のエンジンを設定。一方、ディーゼル車は2.2Lの直列4気筒エンジンを積む(表)。

 ボディタイプはガソリン車のみハッチバックとセダンを用意し、HEVはセダンだけ、ディーゼル車はハッチバックだけである。JC08モード燃費は、HEVが30.8km/L、ガソリン車の2.0Lが19.0km/L、1.5Lが19.6km/L。2.0Lと1.5Lの燃費差が小さいのは、2.0L車が電気二重層キャパシタを用いた減速エネルギ回生システム「i-ELOOP」を搭載するため。ディーゼル車は発売が2014年のため燃費は未公表。

以下、『日経Automotive Technology』2014年1月号に掲載
図1 マツダ「アクセラ」
図1 マツダ「アクセラ」
写真の5ドアハッチバックに加えて4ドアセダンを用意。
表 3種類のパワートレーンの仕様
[画像のクリックで拡大表示]