• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経ものづくり 2012年10月号 > ポケットマネーで革新技術

日経ものづくり 2012年10月号

ポケットマネーで革新技術

村田 和久 エディプラス 代表取締役

  • 2012/09/25 11:11
  • 1/1ページ

本誌3月号「多視済済」で紹介し、大きな反響をいただいた新しい撹拌機「M-Revo」。開発者はこの人、エディプラス(本社さいたま市)代表取締役の村田和久氏だ。羽根を使わずに撹拌するという常識破りのアイデアは、「ポケットマネーでやれ」と言われて生まれた。村田氏が、革新技術の開発秘話を語る。

写真:栗原克巳

 攪拌機を開発したきっかけは、塗装工程をカイゼンするためでした。自宅の横には、親族が経営する、電子機器の設計・製造と工業塗装を手掛けるヤマテック(本社さいたま市)という会社があって、子供の頃から塗装工程を見てきました。そこでは塗装機や塗装ロボットといった設備はどんどん良くなっていくのに、攪拌作業だけは変わりません。塗料の入った一斗缶などに、羽根の付いた手持ちの攪拌機を入れてガーッと回す。何十年と同じなんです。

 私は、ヤマテックの電子機器事業部に20年くらい在籍してから工業塗装事業部に移りました。そこで改めて塗装工程を見ると、今申し上げたようなやり方ですから、攪拌作業中に塗料が飛び散ってしまうんです。現場は壁や床などをビニールで養生し汚れたら交換する。そこには「汚れないようにしよう」という発想がありません。ちょっと不思議でした。

 実は、それ以上に気になったのが塗装ラインのチョコ停です。1週間に1回、15分以上止まるんです。かつていた電子機器事業部には実装機の自動ラインが1本あり、そこでは「何があっても止まらないライン」を目指してやっていました。対して、ここ工業塗装事業部では「止まるのがデフォルト」。やはりおかしいと思って、カイゼンしようと考えたんです。
〔以下、日経ものづくり2012年10月号に掲載〕(聞き手は本誌編集長 荻原博之)

村田 和久(むらた・かずひさ)
エディプラス 代表取締役
1963年生まれ。1988年3月埼玉工業大学機械工学科卒業、同年4月ヤマテック入社、電子機器事業部に配属。1998年4月同社常務取締役、電子機器事業部工場長に就任。2006年4月同社専務取締役、同年6月工業塗装事業部工場長に就任。2009年3月エディプラスを設立、代表取締役に就任し、現在に至る。新しい攪拌技術で、2011年埼玉県彩の国産業技術大賞奨励賞、同年さいたま市ニュービジネス大賞最優秀賞、2012年全国発明表彰21世紀発明奨励賞など数々の賞を受賞。