• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME日経エレクトロニクス2009年2月9日号 > iPhone vs. Android,ソフトウエア開発の実際

日経エレクトロニクス2009年2月9日号

iPhone vs. Android,ソフトウエア開発の実際

  • 佐々木 陽=GClue 代表取締役
  • 2009/02/05 16:00
  • 1/1ページ

佐々木 陽 GClue 代表取締役

 米Apple Inc.の「iPhone」と米Google Inc.の「Android」は,共に次世代の携帯電話プラットフォームの代表格である。本稿では,iPhoneとAndroidの両方に向けてアプリケーションを開発しているGClueの代表取締役であり,自身がソフトウエア開発者でもある佐々木陽氏に,それぞれの開発について解説してもらった。

 2001年に設立されたGClueは,約8年間にわたる携帯電話向けアプリケーションの開発経験を持つ。しかし,同社は現在,従来の携帯電話向けアプリケーションの開発を行っていない。佐々木氏はiPhoneとAndroidの将来性にほれ込んでおり,今ではiPhone/Android向けアプリケーションの開発に特化している。(本誌)