雑誌 解説

<熱流体解析ツール>

仮想試作を武器に設計上流での熱対策に挑む

小山 陽子=日経エレクトロニクス
2008/08/21 16:00
 


製品開発の上流工程から,熱対策に取り組もうというメーカーが増えている。製品の小型化・高密度実装化が進むにつれ,かつてのやり方では対応しきれなくなってきたからだ。その際に威力を発揮するのが,設計データを使って熱の流れをシミュレーションする熱流体解析ツールである。実際に試作・実験することなく,いわば仮想試作でPCBや製品全体の温度分布などを把握できる。

 かつて熱対策は,専ら機械設計者の仕事とされていた。主な対策は,空冷ファンの出力や開口部の大きさ・位置,筐体の材質などの工夫といったもので,電子部品のレイアウトをおおむね決めた後に検討していた。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング