日経テクノロジーオンライン

日経ものづくり2007年1月号

田野倉 力
2006/12/23 18:59
 
日経ものづくり1月号表紙
年間購読のお申し込み
日経ものづくり バックナンバー
日経ものづくりとは
日経ものづくり8月号目次
特集
ものづくりインタビュー
直言
万華鏡
詳報
中国的低価格部品選定指南
アイデアコーナー
ものづくリサーチ
特報
なるほどtheメソッド
トヨタ生産方式の真髄と新展開
開発の鉄人 ものづくりを語る
事故は語る
材料力学マンダラ
設計者のための解析入門
キラリ輝く中小企業
新製品
テックオンランキング
読者の声・次号予告
カレンダー
日経ものづくりの年間購読お申し込み
最新号・バックナンバーを一冊だけ買う
メール配信登録
読者インフォメーション
  • 海外でも国内と同一料金で
  • 送本先の変更
  • 未着・乱丁・落丁
  • Q&A
  • Tech-On!書店
  • Tech-On!セミナー


  • 土鍋が高級炊飯器に,絹が燃料電池の電極に,
    金糸銀糸が携帯電話機の透明導電性フィルタに・・・。
    何百年,何千年と継承されてきた伝統技術が
    今,最先端の分野で最先端の技術として鮮やかに蘇る。
    先を行く現代の技術者たちが,
    伝統技術のポテンシャルの高さに気付き始めたからだ。
    伝統技術が悠久の時を生き抜いてきたのは
    時代時代のニーズに合わせて革新を積み重ねてきた結果で,
    そこには今に通じる「宝」がある,と。
    かくて,現代技術と伝統技術の融合は,
    日本のものづくりが現在抱える
    大きな二つの課題を解決する糸口となる。
    (荻原博之,中山力,松田千穂)


    私が考えるものづくり
    内田 恒二
    キヤノン 代表取締役社長
    ものづくり改革の仕上げとして
    統合ITシステムを位置付ける


    ものづくり能力をベースにした
    ブランド戦略


    どれもこれもベアリング
    技術者とアーティストのコラボレーション
    ほか



    - リチウムイオン2次電池の発火事故 ソニーが本誌の疑問に回答
    - NTNの自動車エンジン用転がり軸受 ,破断またはプレスで外輪を製作
    - 帝人,環境へのやさしさ目指し新技術 素材と加工方法の両面から追求
    - UELのPDF文書作成ツール,3Dモデルのアニメをマニュアルや作業指示書に
    - 「昨日の顧客は今日のライバル」 Moog社が自動車向け試験機事業
    - 「作業内容が変わるなら直接指導可」 厚労省が請負の在り方に新たな見解
    - 3次元図面やPDFへの対応図ったコクリエイトの「OneSpace」新版
    - 日産,CO2削減に向けたクルマづくり 3年後に独自のFRハイブリッド車投入


    第13回 ワイヤハーネスは加工に注意
    作業員と材料管理が品質を左右


    安価なローラコンベヤ 【日産自動車】
    パレット入れ替え装置【マツダ】
    コンベヤの方向変換装置 【マツダ】


    今月の調査テーマ:日本製品の品質

    大多数が感じている品質低下

    品質が良いとされてきた日本製品だが,近年の事故やトラブルに,大多数のエンジニアは品質が低下してきたと感じている。その背景にあるのは,コスト削減や開発期間の短縮といった要求。品質を検討する時間の不足,製造現場における作業者のスキル低下が,品質低下を招くと考えられている。


    部品実装にもセル方式

    実装行程を解体し、組立行程と融合
    多品種少量生産を実現する手段として,広く普及したセル生産。だが,その適用範囲は組立工程に限られていた。その前にある回路基板の製造工程は長大なコンベヤで,柔軟性は低い。従って両工程は分断されており,その間に大量の仕掛かり品がある。そこでSUNXは,長大な回路基板の製造工程を解体し,組立工程と一体化することに挑戦した。



    部品表を起点にした
    村田機械の生産改革

    順番に並べた部品を組み立てる
    自動倉庫システムを製作する村田機械は,部品表を起点とした独自のシステムを構築し生産改革に成功している。流用設計の頻度を上げて設計を効率化,生産現場においては部品を並べた順に組み立てる方式でリードタイムの短縮化などを実現した。個別受注型製品では難しいと言われる業務の標準化に挑戦した同社の改革を分析する。




    業務改革/改善のためのABC
    第2回

    単価/時間/回数の3要素に着目
    分析の切り口は仮説に沿って設定


    第13回
    中小企業へのかんばん方式導入

    第31回 分解だって,ものづくりだ

    自動車リサイクルは,自動車メーカーと対になるべき静脈産業。
    金沢にある会宝産業は,近代化の先頭を走る。
    外したエンジンを棚に置き,バーコードで管理する。
    エンジンだけでなくシートを再生して商品にする仕事も始めた。
    将来は自動車の組み立て工程を逆に流れるような工場の構想もある。
    その周辺をリゾートにするなど夢は広がる。

    安全対策を軽視したプール設計
    ずさんな管理で「欠陥」が露呈

    2006年7月31日13時40分ごろ,埼玉県ふじみ野市にある市営大井プールの流水プールで,小学校2年生の女児が吸水口に頭から吸い込まれるのを監視員が目撃した。10分後に消防隊が到着したものの救出は難航。同日17時前から現場付近を解体し吸水管を破壊する。19時30分ごろ,吸水口から5mほど入った所でようやく女児を発見した。

    第25回 座金は何のためにあるのか

    ●座金は平均面圧を下げる? 緩みを防ぐ?
    ●座金の効果はその厚さと関係,使うなら厚いものを
    ●被締め付け物の縦弾性係数が小さいほど,応力緩和効果あり

    第12回 熱流体解析編(2)

    三つの手法でモデルを簡略化
    部品かシステムかで方針に差

    熱流体解析は時間がかかることが多い。手早く結果を得るためにはモデルを簡略化するのが肝要。しかし,形状を省略しすぎたり簡略化の方法を誤ったりすると,現実と全く違った結果となってしまう。精度と時間をバランスよく簡略化するにはどうすればよいのか。今回はその考え方と手法について解説してもらう。(本誌)

    コスモ計器

    空気の差圧変化で密封度合いを判定するエアリークテスタ(漏れ検査用計測器)のトップメーカー。自動車エンジンや電子部品など,気密性が求められる製品の検査ラインに使われる。治具やシール材も開発し,その一部は新規事業に育っている。サービス重視が創業来の方針。

    森藤技研工業

    エッチング,カラーステンレス発色,鏡面研磨などによる非鉄金属表面への意匠加工が事業の柱。近年ではスパッタリングによる真空着色技術も採用した。大板加工技術に定評があり,エレベータのドア・内装加工では国内トップシェア。意匠と機能特性を合わせた新分野開拓を目指している。

    新製品

    微細穴用放電加工機 など

    Tech-On!ランキング

    読者の声・次号予告

    カレンダー

    記事一覧

    マイページ

    マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

    マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

    協力メディア&
    関連サイト

    • 日経エレクトロニクス
    • 日経ものづくり
    • 日経Automotive
    • 日経デジタルヘルス
    • メガソーラービジネス
    • 明日をつむぐテクノロジー
    • 新・公民連携最前線
    • 技術者塾

    Follow Us

    • Facebook
    • Twitter
    • RSS

    お薦めトピック

    日経テクノロジーオンラインSpecial

    記事ランキング