• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
特集

パネル単位で発電量を監視、出力低下を早期発見(page 4)

<第3回>米タイゴエナジーの監視システムを導入

2015/02/26 00:00
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

時々刻々と伸びる影の様子を可視化

 九州・アジア・パートナーズの本社では、マネジメントユニットから送られてきたパネルごとの発電量データをパソコン画面で「見える化」(可視化)している(図7・8)。パネルごとの電流と電圧値は、20分ごとに更新される。電柱や街路樹で影になっているパネルや、サイト内に部分的に雲がかかっている状況さえ、一目でわかる。モニタリング画面を見ていると、時々刻々と影が伸び、出力の低下するパネルが増える状況を確認できる(図9・10)。

図7●街路樹の小さな影がパネルにかかった状況(出所:タイゴエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
図8●塀などの大きな影がパネルにかかった状況(出所:タイゴエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
図9●13時にパネル1枚に影が掛かり始めた(出所:タイゴエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
図10●13時30分には影が長くなり、出力の低下するパネルが増えた(出所:タイゴエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]

 「毎日、パソコン画面でパネルごとの発電量を監視しているなかで、発電量の少ないパネルに気付いた。パネルメーカーの技術者にもその監視画面を見てもらい、そのパネルを検査して不良を確認し、すぐに交換に応じてくれた」と、同社のメガソーラー管理者はいう。また、「発電所の設計段階では大きな問題ではないと判断していた、夕方の山影が、予想以上に影響することもわかった」という。

  • 記事ランキング