• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
特集

パネル単位で発電量を監視、出力低下を早期発見

<第3回>米タイゴエナジーの監視システムを導入

2015/02/26 00:00
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

 熊本県南部に位置する津奈木町は、東南北の三方を山に囲まれ、西は不知火海に面している。JR新水俣駅からクルマで10分ほど、出力1.78MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ウェル津奈木町発電所」は、こんな山に囲まれた海岸近くにある(図1)。

図1●山に囲まれた「ウェル津奈木町発電所」(出所:九州・アジア・パートナーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同発電所は、不動産の企画・開発・建設・販売などを営むウェルホールディングス(福岡市中央区)が建設し、グループ会社の九州・アジア・パートナーズ(福岡市中央区)とアセットマネジメント契約を結び、同社が運用を担っている。ウェルホールディングスが建設し、九州・アジア・パートナーズが運用するメガソーラーとしては、「ウェル飯塚発電所」に続いて、2カ所目となる(参考記事)。

 太陽光パネルは、中国インリー・グリーンエナジー製(270W)を6624枚設置し、パワーコンディショナー(PCS)は、スイスABB製の500kW機を3台導入した。架台は、クリーンエナジー製の鋼製杭を採用した。EPC(設計・調達・施工)サービスは、エコシフト技術工事協同組合(東京都目黒区)が担当した。

  • 記事ランキング