• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 保安員が常駐する阿波市のメガソーラー

メガソーラー探訪

保安員が常駐する阿波市のメガソーラー

地元のNPOと連携、隣地の果樹栽培も支援

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/08/20 00:00
  • 1/5ページ

 徳島県は全国でもトップクラスの日照量を誇る。中でも阿波市は阿讃山脈の南側に面し、山影になりにくい。「阿波西ソーラーヒルズ発電所」は、そんな太陽光発電の適地にある出力約2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)だ(図1)。阿波市のNPO法人(特定非営利活動法人)、四国グリーンエージェンシー(以下、四国GA)が企画から開発まで手掛け、太陽光パネルメーカーのハンファQセルズジャパン(東京都港区)が発電事業者となり、2013年7月に稼働した。

図1●阿讃山脈の南側に位置する「阿波西ソーラーヒルズ発電所」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 同発電所を訪れると、他のメガソーラーでは決して見られない設備を目にする。まず、発電所を取り囲むフェンスの入り口に「郵便受け」がある(図2)。敷地内に入るとすぐプレハブの建物2棟と簡易トレイが並ぶ。その奥には、草刈り機などを収納するテント型の倉庫がある(図3)。

図2●メガソーラーサイトには珍しい「郵便受け」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図3●日報を付けるプレハブ小屋と簡易トイレ、奥に倉庫がある(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓