• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 福島県西郷村の災害対応型メガソーラー

メガソーラー探訪

福島県西郷村の災害対応型メガソーラー

非常用コンセントをフェンス外に設置

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/07/29 00:00
  • 1/4ページ

 リゾートトラストは2014年3月、福島県西郷村の山間に「リゾートトラスト メガソーラー那須白河」を稼働した(図1)。出力は約2MW。パナソニック製の多結晶シリコン型パネルを採用し、コンクリート基礎で支える鋼製架台に取り付けた。パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製だ。

図1●空から見た「リゾートトラスト メガソーラー 那須白河」(出所:リゾートトラスト)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここまでのスペックは、固定価格買取制度(FIT)によって全国各地に急増しているメガソーラー(大規模太陽光発電所)の中では、よくみられるタイプだ。だが、「リゾートトラスト メガソーラー那須白河」には、他のメガソーラーとは異なる特徴がある。発電所を取り囲むフェンスの外側に「非常用コンセント」を設置したのだ(図2)。

図2●メガソーラーを囲むフェンスの外側に非常用コンセントがある(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓