• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 短期工事に挑むゴルフ場跡地のメガソーラー、福島県有数の規模に

メガソーラー探訪

短期工事に挑むゴルフ場跡地のメガソーラー、福島県有数の規模に

ドイツ企業と連携しスクリュー型杭基礎を導入

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/07/22 00:00
  • 1/5ページ
図1●「テンワスソーラー浅川発電所」の竣工式(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●「テンワスソーラー浅川発電所」の航空写真(出所:テンワス)
[画像のクリックで拡大表示]

 不動産関連事業のテンワス(東京都港区)は、福島県石川郡浅川町のゴルフ場跡地に「テンワスソーラー浅川発電所」を建設し、7月4日に竣工式を開催した(図1)。同発電所は、2012年8月に閉鎖した旧「ガーデンバレイカントリークラブ」の跡地、約3ホール分に太陽光パネルを敷き詰めた(図2)。出力2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)だ。

 「東日本大震災と原発事故の影響でガーデンバレイが閉鎖に追い込まれ、その跡地の行方に全町民は心配していた。メガソーラーが新たな浅川町のシンボルとして、町の活性化につながれば・・」――。竣工式で、地元の浅川町関係者はこう期待感を示した。竣工式には、地元関係者などが100人以上、出席した。会場となった旧「ガーデンバレイカントリークラブ」のクラブハウス玄関には、同町の代名詞とも言える打ち上げ花火の大玉と、これからの町のシンボルと期待される太陽光パネルが並べられた。

おすすめ