メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

思いもよらない出力低下と、パワコンの電圧上昇抑制機能

中部電気保安協会 太陽光プロジェクトチーム 第13回

室賀 和也=中部電気保安協会
2014/07/17 00:00
印刷用ページ
 

このシリーズでは、中部電気保安協会の本店 保安部 太陽光プロジェクトチームによる、太陽光発電システムのトラブル事例や、それらのトラブルへの対応策、所属する電気主任技術者にどのように助言しているのかについて紹介する。同チームがまとめたトラブル事例集を基に、同チームの寄稿によって構成している。

 太陽光発電向けのパワーコンディショナー(PCS)は、「出力抑制機能」を備えています。連系する系統側の電圧が、電気事業法施工規則が規定している許容変動範囲の上限値、すなわち、標準電圧100V時で101±6V、または、標準電圧200V時で202±20V以内という範囲を逸脱しそうな場合に、系統電圧を規定値内に維持するための機能です。

 ただし、この機能が働く場合には、太陽光発電システムから系統への出力が抑制されてしまいます。

 出力抑制機能が適切に働くということは、PCSが正常に稼働していることを意味します。しかし、発電事業者にとっては、売電量が想定より減ってしまうため、太陽光発電システムに生じた「トラブル」の一つに捉えられる事例といえます。

 今回は、想定していた出力が得られず、疑問に感じた顧客から依頼された調査の結果、こうしたPCSの出力抑制機能が働いたことが原因だった例を紹介します。

 中部電気保安協会が調査に向かった太陽光発電所では、住宅用の定格出力5.5kW機が3台、同2.7kW機が1台と、合計4台のPCSを並列運転していました(図1)。

図1●連系盤で系統電圧を測定
住宅用の4台のPCSを使い、それぞれ単独で連系する設計だった(出所:中部電気保安協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 晴天時に、4台のPCSがすべて稼働しているにもかかわらず、出力が想定よりも低いために、顧客からの依頼で、これらのPCSの出力の低下の原因を調査しました。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス