• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス飛び立つか、WiGig > 技術開発:従来の無線LANとは違う、難しい60GHzの使いこなし

飛び立つか、WiGig

技術開発:従来の無線LANとは違う、難しい60GHzの使いこなし

  • 中島 募=日経エレクトロニクス、中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2014/07/04 00:00
  • 1/8ページ

WiGigを民生機器に搭載するためには、解決しなければならない技術的な課題が多い。そのほとんどは、60GHz帯の特性に由来するものだ。60GHz帯を誰もが使えるものにするため、使い勝手の向上を目指した技術開発が加速している。

 Wi-Fi Allianceによる相互接続認証プログラムがスタートする2014年を皮切りに、対応機器の登場が期待されるWiGigだが、技術的な課題は多い。60GHzという民生機器ではほとんど経験のない高い周波数を使うからだ。従来の無線LANでは考えられなかった、さまざまな工夫が必要になる(図1)。

図1 困難が待ち受ける60GHz帯の使いこなし
60GHz帯という高い周波数を使うため、従来の無線LANでは考えられなかったさまざまな工夫が必要になる。
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓