• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくりサムスンの競争力、日本の競争力 > 実は“多品種少量”なサムスンのスマホ

サムスンの競争力、日本の競争力

実は“多品種少量”なサムスンのスマホ

ニーズに応じた「松竹梅」造り分けの重要性(第4回)

  • 吉川良三=東京大学大学院経済学研究科ものづくり経営研究センター
  • 2014/06/04 00:00
  • 1/2ページ

 韓国Samsung Electronics社は世界のスマートフォン市場において世界第1位のシェアを確保した。現在、同社は年間3億~4億台ものスマートフォンを生産していることになる。「同じ機種を大量生産し、安く販売してシェアを稼いでいる」などと考える読者も多いかもしれない。しかし、実際には同社は同じものばかりを造っているのではなく、デザインや機能を多種多様に変えて毎月10以上の新モデルを投入し、1機種当たりの生産量で見れば100万台に満たないほど多品種の製品を手掛けている。

 筆者は、これこそがグローバリゼーション時代を勝ち抜くために、Samsung Electronics社が採った対応だと思っている。言い換えれば、同社は世界各地に向けて、あるいは各地のユーザーニーズの変化に対応して、きめ細かく多種多様な製品を供給することで成功してきた。

 どのくらいのきめ細かさが必要か。例えば、インドと一口に言っても、北部と中央部と南部では言葉も文化も違う。北部では決して肉を口にしないが、中央部や南部に行けば豚肉も牛肉も食べているというように、食べ物さえ異なる。インド1国だけでも世界の縮図のようなところがある。

 こうした現実を受け入れ、それぞれの地域の好みに合わせて設計を変えるべき、というのがSamsung Electronics社の認識だ。

【技術者塾】(8/25開催)
シンプルで強力なFMEAとDR

現場の技術者にとって使いやすい、シンプルな新FMEA「3D-FMEA」の作成方法と有効な活用方法、そして審査方法を指導します。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

【技術者塾】(8/26開催)
シンプルで強力なFTA

優れた技術者が持つ「匠のワザ」を押さえた上で、シンプルで強力なFTA「3D-FTA」を学びます。


会場 :御茶の水トライエッジカンファレンス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓