• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 水郷の街・潮来市に関東最大のメガソーラーが竣工

メガソーラー探訪

水郷の街・潮来市に関東最大のメガソーラーが竣工

環境ベンチャーの主導による地域貢献型発電所

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/03/18 00:00
  • 1/5ページ

 茨城県潮来市は、霞ヶ浦と北浦に挟まれた水郷の街。江戸時代には水運の要所として栄えた。いまは東関東自動車道の終着地でもあり、クルマの便の良さから、「道の駅いたこ」は、多くのドライバーで賑わう。2014年2月1日、この道の駅に隣接した18haもの土地に、出力14.7MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「水郷潮来ソーラー発電所」が完成し、竣工式が開催された。稼働中のメガソーラーとしては現在、関東で最大規模になる(図1)。

図1●水郷潮来ソーラー発電所の航空写真
(出所:潮来市)
[画像のクリックで拡大表示]

 道の駅の敷地内には、メガソーラーを一望できる展望台がある。館内の随所に「水郷潮来ソーラー大展望台」との案内を掲示し、潮来の新名所としてアピールしている。約6万枚もの太陽光パネルが整然と並ぶ光景は、東京ドーム3.8個分にもなり、展望台から見ても、最も先のパネルは、互いに重なってしまい、青い海のように見える(図2)。

図2●展望台から見たメガソーラーの眺め
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ