メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

<第7回>太陽光パネルを設置する角度は、どのように決めれば良いのですか?

NEDOの年間時別日射量データベースを基に検討

伊丹 卓夫=東芝三菱電機産業システム(TMEIC)
2014/01/29 00:00
印刷用ページ
 

メガソーラービジネスを安定的に運営し、収益性を高めるには、「発電事業者」である運営者が最低限の電気設備の知識を備え、適切な太陽光発電システムを構築・運用するのが前提になる。国内メガソーラー向けパワーコンディショナー(PCS)の最大手である東芝三菱電機産業システム(TMEIC)の技術者で、当サイトのアドバイザーでもある伊丹卓夫氏が、メガソーラーに新規参入した事業者が抱く、いまさら聞けないメガソーラー技術の基本に答えた。

 太陽電池は日光の入射角が垂直に近いほど発電量が多くなるので、最適な設置角は太陽の南中高度の違い(緯度の違い)によって変わってきます。地域による設置角と発電量の関係については、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公開している「日射量データベース」が参考になるでしょう。信頼性が高く、誰でも入手可能なデータです。

 Web上の閲覧システムは、「年間時別日射量データベース(METPV-11)」、「年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)」、「全国日射量マップ」の三つで構成されています。

 このうち、年間時別日射量データベース(METPV-11)は、日本国内の837地点について、1990~2009年の20年間の日射量データベースを使って、時間ごとの方位角別、設置角別の日射量の算出や、方位角別、設置角別の発電量を推定できるものです。また、降水量や気温なども把握できます。

 こうした情報を、画面上の簡単な操作で得ることができる、使い勝手の良いデータベースとなっています()。

[画像のクリックで拡大表示]
1月29日の東京の水平面(上)と傾斜角35度(下)の日射量
画面上の簡単な操作で時間ごとの方位角別、傾斜角別の日射量を算出し、方位角別、傾斜角別の発電量を推定できる(出所:新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「年間時別日射量データベース(METPV-11)」)
[画像のクリックで拡大表示]
日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス