デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

センサ、この1年――「トリリオン革命」始まる

三宅 常之=Tech-On!
2013/12/16 00:00
印刷用ページ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年、センサの世界から社会に向けた新しい動きが始まった。毎年1兆個のセンサを活用する社会“Trillion Sensors Universe”を世界各国のデバイス/システム関連の企業がつくり上げようとしている。現在の100倍規模のセンサを随所に配置して、その情報を活用することで、非連続な成長をもたらそうとする(関連情報1)。

 「トリリオン革命」とも呼べるこの動きは、米国の産学連携の取り組み「TSensors Summit」がキッカケとなった。センサ関連などのベンチャー企業を7社創業したJanusz Bryzek氏(米Fairchild Semiconductor社Vice President Development, MEMS and Sensor Solutions)が提唱。センサ・ネットワークで先駆的な役割を果たしている米BSAC(Berkeley Sensor & Actuator Center)を牽引し現在はUC, San Diego工学部長であるAlbert P. Pisano氏らと共に、2013年春、このサミットの開催を決めた。日本でも2014年2月に「Trillion Sensors Summit Japan 2014」として開催する(関連記事1)。

 サミットには、ICT(情報通信技術)やデバイス(半導体・電子部品)の業界、大学・研究機関から、多数の著名企業・組織が賛同、参加した(関連記事2)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング