設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

富士ゼロックスも開発現場で活用 行動観察を始めよう

蓮池公威=富士ゼロックス 商品開発本部
2013/12/11 00:00
出典:日経ものづくり、2012年7月号 、pp.85-89 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 ユーザーの行動を観察することでユーザーの価値観を把握する手法「行動観察」が、人を中心に据えた設計活動の手段として多くのメーカーから注目を集めています。あらゆる物が世の中にあふれている今、新商品を開発するには「ユーザーの価値観」をしっかりと把握し、ユーザーの潜在ニーズを掘り起こす必要が出てきています。そんな中、行動観察を用いて開発した商品がヒットを飛ばす事例も増えてきました。本稿では、行動観察を開発現場で活用する富士ゼロックスの担当者が、同社の取り組みとその背景にある考え方を解説します。

蓮池公威(はすいけ・きみたけ)
富士ゼロックス 商品開発本部
1994年、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科造形工学専攻を修了。富士ゼロックスでは、商品開発本部ヒューマンインターフェイスデザイン開発部でユーザー・インターフェイスのデザイン、ワークプレイス研究、Human-Centered Design手法の研究と実践などに取り組む。2008年からは社内技術講座で観察とインタビューの講師も担当。人間中心設計機構の評議員、武蔵野美術大学基礎デザイン学科の非常勤講師。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング