エネルギー
 

稼働後まもなくパネル40枚に出力異常、直流回路ごとの監視で発見

日本PVプランナー協会理事(横浜環境デザイン社長)池田真樹氏<第2回>

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2013/11/07 00:00
印刷用ページ

当コラムでは、太陽光発電システムの専門家から、動き始めたメガソーラー(大規模太陽光発電所)の実態と運用・保守に関する課題を聞く。第2回は、前回に続き横浜市でEPC(設計・調達・建設)サービス企業を経営し、日本PVプランナー協会の理事でもある池田真樹氏に、太陽光パネルの監視システムの現状について聞いた。

日本PVプランナー協会理事(横浜環境デザイン社長)の池田真樹氏(出所:横浜環境デザイン)
[画像のクリックで拡大表示]

――国内でメガソーラーが次々と稼働していますが、太陽光パネルの発電量を監視して、不良品の発見や性能の劣化をチェックできるシステムになっているのか?

池田氏 国内のメガソーラーの場合、パワーコンディショナー(PCS)ごとに発電量を監視、データを蓄積しているのが一般的だ。1.5MW(1500kW)クラスで、かりに500kW機だと3台のPCSを設置することになる。1台のPCSが3000~4000枚もの太陽光パネルの発電量をまとめて監視することになる。発電量はもともとパネルごとに多少のばらつきはあるし、雲の動きや影のかかり具合などで時々刻々と変化する。10数程度の太陽光パネルに異常があり、発電量が大幅に低下していたとしても、PCSごとの発電量を監視して相互に比較しているだけでは発見することは難しい。

横浜環境デザインがEPCサービスを担当したメガソーラー
(出所:横浜環境デザイン)
[画像のクリックで拡大表示]
日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング