エネルギー
 

日本の原子力開発が抱える病理

2013/11/08 00:00
印刷用ページ

 多くが政府主導で進められてきた日本の原子力技術開発。その途上には、半均質炉や原子力船「むつ」、最近では高速増殖炉「もんじゅ」など多くの失敗例が横たわる。なぜ、それらのプロジェクトはうまくいかなかったのか。原子力技術の開発に詳しい桜井氏が、プロジェクトの遂行という観点から日本の原子力技術開発の問題点を検証する。

Contents

桜井 淳(さくらい・きよし)
物理学者・技術評論家
物理学者・技術評論家。1946年群馬県生まれ。1976年に東京理科大学理学研究科物理学専攻課程を修了し、同年から旧日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)で材料試験炉(JMTR)の炉心安全解析に従事。1984年から旧原子力工学試験センター・原子力安全解析所(現エネルギー総合工学研究所)で原子力発電所安全審査のためのクロスチェック安全解析に携わる。1988年に原子力工学試験センターを退職し技術評論家となる。原子力発電の安全に関わる技術評論を中心に著書多数。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング