• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラービジネス > <第6回>SBエナジー 副社長 藤井 宏明氏に聞く

メガソーラービジネス

<第6回>SBエナジー 副社長 藤井 宏明氏に聞く

メガソーラービジネス・インタビュー

  • 加藤 伸一=日経BPクリーンテック研究所
  • 2013/11/06 00:00
  • 1/3ページ
SBエナジー 副社長 藤井 宏明氏(撮影:清水 盟貴)
[画像のクリックで拡大表示]

 第4回までは、メガソーラー(大規模太陽光発電所)の事業モデルや、関連するプレーヤーの役割、事業リスクとその解消策などを紹介してきた。第5回となる前回からは、日本国内で実際にメガソーラービジネスを推進している企業のキーマンへのインタビューを紹介している。最終回となる今回は、SBエナジー 副社長 藤井 宏明氏に、現状や今後の展望などを聞いた。

発電に適した場所でも売電できない

――日本において、最も積極的にメガソーラーを展開している1社であり、その間、実際に建設や運営していく中で起きた、予想し得ないこと、印象的なことなどを伺いたい。

藤井氏 2011年3月に発生した東日本大震災の影響から、日本のエネルギーを見つめ直し、再構築していきたいという思いから、SBエナジーは、再生可能エネルギーに取り組んできた。ソフトバンクグループは元々、通信事業を中心とすることから、携帯電話の基地局などで電気工事自体は手がけていたが、太陽光発電、特に、メガクラスについては、初めての取り組みであり、確かに、さまざまな予想し得ないことが起き、経験を蓄積している。

 まず、通信の場合には、電力を購入して、無線通信に使う電波に変えているのに対して、太陽光発電の場合は、発電して送電線に送り込むという、逆の流れになる。そこでは、電力会社の送電線、電力系統と確実に接続できなければならない。発電に適した土地であっても、その近辺の電力系統が最適に整備されていない限り、実現できないことを思い知らされている。

 次に、太陽光発電に適した土地についての認識である。一般的には、その地域ごとに日射に優れるなど、観光情報のようなイメージは、ある程度、認識されている。そこまで発電量が大きく変わらないのでは、というイメージがあるかもしれないが、実際に国内のさまざまな土地の日射量の差、発電量の差が、こんなにも大きいのかということを、実際に発電してみることで学んでいる。

 さらに、建設する土地の地面の状況についての認識だ。基本的には、平坦さや硬さといったものだが、通信事業における基地局の建設とは異なる要素も多い。

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ