デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

両眼・透過型でHMD事業に参入、次期モデルの開発にも着手

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/10/31 00:00
出典:「HMD、視界良好」、2013年4月1日号 、pp.27-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
図1 セイコーエプソンのHMDでは、側頭部に配置した液晶パネルで表示した映像を、光学系を通じてユーザーの目に投射する。ハーフ・ミラーを採用することで、現実空間を目で見ながら、映像を視聴できる。現行製品では映画の視聴に重きを置くが、今後は業務用途などへの展開も検討している。(図:セイコーエプソンの資料を基に本誌が作成)
図1 セイコーエプソンのHMDでは、側頭部に配置した液晶パネルで表示した映像を、光学系を通じてユーザーの目に投射する。ハーフ・ミラーを採用することで、現実空間を目で見ながら、映像を視聴できる。現行製品では映画の視聴に重きを置くが、今後は業務用途などへの展開も検討している。(図:セイコーエプソンの資料を基に本誌が作成)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 経営陣の肝いりで開発されたHMDがある。それが、セイコーエプソンが2011年11月に発売した、HMD「MOVERIO BT-100」である。両眼・大型・透過型で、周囲の様子を見ながら映像を視聴できる。ユーザーの20m先に、320型相当の大画面映像を疑似的に表示できるという。映像視聴用途に重きを置くものの、周囲を見ながら映像を視聴できるため、例えば新幹線や飛行機の移動中でも利用できる。

 HMDには、画素数が960×540の0.52型の透過型液晶パネルを、左右のフレーム部に配置する。液晶パネルで生成した映像を投射レンズで拡大した後、メガネのレンズ部分に配置した導光板に送る。導光板を通じて送られてきた映像をハーフ・ミラーで反射させ、ユーザーに大画面の映像として認識させることができる(図1)。映像表示部の光の透過率は約70%。映像をよりはっきりと見たい場合は、メガネ部全体を覆う「シェード」を取り付けて、透過率を下げることも可能だ。

 HMDの開発が決まったのは、2009年末のこと。これまでセイコーエプソンが培った、プロジェクター向け液晶パネルの製造や、光学系や光学部品の設計のノウハウを生かせると考え、HMD事業に参入した。だが、HMDの事業化は初めてとあって、開発は難航したという。検討後、現在の光学系に決めてから実質約1年間で実用化にこぎ着けた。開発期間が短かったこともあり、「今のMOVERIOの完成度にはまだ満足していない。今回の開発で培ったHMDの設計ノウハウを活用し、次期モデルは大きく進化させるつもりだ」(セイコーエプソン)と意気込む。次期モデルでは、小型・軽量化に注力する予定だという。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング