デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ソニーのHMD、軽量化や額当てを改良して装着感を向上

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/10/29 00:00
出典:「HMD、視界良好」、2013年4月1日号 、pp.27-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
図1 ソニーのHMD「HMZ-T2」では、従来機種よりも装着性を高める工夫が施されている。例えば、HMD本体を頭に固定するために用いる額当ての部分の幅を拡大した上、額との接触部の素材を変更して密着性を高めた。この他、筐体の幅を狭めるなどして軽量化し、ユーザーの負担を軽減している。
図1 ソニーのHMD「HMZ-T2」では、従来機種よりも装着性を高める工夫が施されている。例えば、HMD本体を頭に固定するために用いる額当ての部分の幅を拡大した上、額との接触部の素材を変更して密着性を高めた。この他、筐体の幅を狭めるなどして軽量化し、ユーザーの負担を軽減している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

「3D映像の視聴に適したものを追い求めた結果だ」―。ソニーで商品企画に携わる森英樹氏は、有機ELパネル採用のHMD「HMZ-T1」を開発した経緯をそう語る。2012年10月に発売した後継機「HMZ-T2」も好調で、「HMZ-T1を上回るペースで売れている」(同社)という。

 ソニーのHMDは、両眼・大型・非透過型の、いわゆる「没入型」である。映像の視野角は45度で、表示される映像は20m先で750型に相当する。光ディスク装置などの映像再生機と、HMD用に映像を生成する「プロセッサーユニット」をケーブルで接続する。さらに、同ユニットにHMDをケーブルで接続して用いる。

 有機ELパネルを採用したのは、映像のコントラスト比が高く、「黒の沈みがよいから」(森氏)である。ソニーの電子ビュー・ファインダー(EVF)向けの有機ELパネルを基に、画素数を1280×720に増やした。同パネルを左目用と右目用に搭載して立体視を可能にした。

 HMZ-T2では、HMZ-T1と比べて装着性を高めた。軽量化に加えて、HMDを頭に固定させるために額と密着させる部分(額当て)の材料や形状を変えている(図1)。HMZ-T1ではHMDの重さは約420gだったが、HMZ-T2では約330gにした。HMZ-T1にあったヘッドホン部をなくした上、側頭部を薄くするなどして軽量化している。ヘッドホンを外した主な理由は、ユーザーが「自分の好きなヘッドホンを利用したい」との声が多かったためである。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング