デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

滑走状況を可視化して、ユーザーを楽しませる

根津 禎=日経エレクトロニクス
2013/10/10 00:00
出典:「HMD、視界良好」、2013年4月1日号 、pp.27-47 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
Oakley社のHMD搭載ゴーグル「Airwave」は、画面に現状の滑走速度やジャンプした高さなどを表示できる。同ゴーグルを持つユーザー同士はお互いの位置を画面で確認できる他、スマートフォンの音楽再生を制御できる。(画面の写真:オークリージャパン)
Oakley社のHMD搭載ゴーグル「Airwave」は、画面に現状の滑走速度やジャンプした高さなどを表示できる。同ゴーグルを持つユーザー同士はお互いの位置を画面で確認できる他、スマートフォンの音楽再生を制御できる。(画面の写真:オークリージャパン)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 スキーヤーやスノー・ボーダーの間で知る人ぞ知るHMDがある。スポーツ用品を手掛ける米Oakley社の「Airwave」がそれだ。2012年秋に米国で発売され、2012年12月に日本に上陸した。同社のゴーグルの高級品に比べて、2倍近い5万9800円という値段ながら、発売するやいなや日本での販売分はすぐに完売。海外でも品薄状態が続いているという。

 オークリージャパンによれば、購入者の年齢層の中心は、30歳代後半から40歳代。スキーやスノーボードなどを趣味として頻繁にプレーする人々で、「自分の成績・記録に対して関心が高い」(同社 スポーツマーケティングの田中全亮氏)とする。

 Airwaveでは、こうした需要に応えるように、走行距離や標高、滑走速度、降下高度、ジャンプの滞空時間や高さなどを、ゴーグル内側に配置されたHMDの表示部で確認できる(図1)。HMDによってこうした各種記録をリアルタイムで視聴できる点が好評だという。

 Airwaveは、Oakley社のゴーグルとカナダRecon Instruments社の小型で片眼の非透過型のHMDを組み合わせた。表示部は428×240の画素で、1.5m先に11型相当の映像を見られる。画角は対角で10度。HMDに搭載された3軸の加速度/ジャイロ/地磁気センサの他、温度センサや気圧センサを利用して各種記録を取得する。操作は、腕などに取り付ける専用の小型リモコンで行う。

 スマートフォンに専用のアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)をダウンロードすれば、スマートフォンとHMDをBluetoothで接続して、電話着信やメールの確認の他、音楽を再生できる。

 GPSを搭載しており、現在地や方位、Airwaveを身に付けた仲間の位置を確認することが可能である。有名なスキー場の地図データも配信している。日本では約30のスキー/スノーボード場の地図に対応している。

 Airwaveに対するユーザーの評価は好評だが、カメラ機能を求める声が多いという。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング