デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

太陽電池の“布”、暗い室内光でも発電

貼るだけセンサ向け自立電源を解説

加藤 伸一=ジャーナリスト
2013/10/10 06:00
印刷用ページ
NMEMS技術研究機構 グリーンセンサネットワーク研究所 大岡山研究センター 長の谷岡明彦氏
筆者が撮影
[画像のクリックで拡大表示]
図1 机の上での照度400ルクスで機能する発電素子を開発
出典:ナノ・マイクロ ビジネス展(7月3日~5日、東京ビッグサイトで開催)と併設の「社会課題対応センサーシステム開発プロジェクト(平成23~26年度) グリーンセンサ・ネットワーク(GSN)プロジェクトセミナー」での谷岡氏の講演「センサネットワークシステムにおけるナノファイバー自立電源の開発」
[画像のクリックで拡大表示]

暗い屋内でも高効率に発電する“貼るだけ1000円センサ”向けフレキシブル太陽電池の開発が進んでいる。低コスト化に適した有機半導体による薄膜太陽電池をnm(10-9m)レベルの微細な繊維状に形成、これを“布”に仕立てる。植物工場への導入を計画している。開発の詳細をNMEMS技術研究機構 グリーンセンサネットワーク研究所 大岡山研究センター長の谷岡明彦氏が「センサネットワークシステムにおけるナノファイバー自立電源の開発」と題した講演で解説した。

 開発中の太陽電池は、センサ・ネットワーク端末向けに、一度取り付けたら交換が不要な自立電源を目指している(センサ・ネットワーク端末全体についての関連記事「貼るだけ1000円センサ、実証から実用へ」)。電池交換作業が不要になる。センサ・ネットワーク端末の電源として既存のボタン型電池も候補となるが、寿命が来れば交換が必要となる。

 谷岡氏が開発しているのは、室内光でも十分な発電ができる太陽電池だ。同氏によると、一般に室内の照度は窓際で1000ルクス、机の上で400ルクス、机の下で100ルクス。机の上の400ルクスの照度があれば、センサ・ネットワーク端末を駆動できる太陽電池の開発を目指した(図1)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング