• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス飛び立つワイヤレス・ヘルスケア > <第2回>iPhone 4Sをきっかけにサービス環境整う

飛び立つワイヤレス・ヘルスケア

<第2回>iPhone 4Sをきっかけにサービス環境整う

  • ,小谷 卓也=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/11 00:00
  • 1/1ページ
(1)のサービスを実現する環境の整備としては、スマートフォンやクラウド・コンピューティング技術の普及、ソフトウエアにかかわる薬事法改正の動きなどがある。中でも、ワイヤレス・ヘルスケア市場の拡大に向け、大きなインパクトをもたらしたのが米Apple社の「iPhone 4S」である。iPhoneでは同機種からBluetooth 4.0(従来のBluetoothと低消費電力版のBluetooth Low Energy(以下、BLE))に対応しており、Bluetoothのプロファイルをアプリケーション・ソフトウエア側に実装して追加できるようになった。これにより、iPhoneとBLEを利用したワイヤレス・ヘルスケアのサービス開発が容易になったのだ。ヘルスケア用途に向けてBLEモジュールの拡販を積極的に進める村田製作所は、「iPhone 4Sの登場は、間違いなく『変曲点』になっている。これをキッカケにサービス開発が活発になり、現在もさまざまな案件の開発が水面下で進められている」(同社 通信事業本部 コネクティビティ商品事業部 ソリューションサービス部 システム開発課 係長の西村哲氏)と語る。

おすすめ