Social Device 生活と社会を支える
 

貼るだけ1000円センサ、実証から実用へ

グリーンセンサ・ネットワーク・プロジェクトを詳説

加藤 伸一=ジャーナリスト
2013/09/19 00:00
印刷用ページ
NMEMS技術研究機構 グリーンセンサネットワーク研究所 つくば研究センター長の伊藤寿浩氏
筆者が撮影
[画像のクリックで拡大表示]
図1 開発中のセンサのイメージ
出典:ナノ・マイクロ ビジネス展(7月3日~5日、東京ビッグサイトで開催)と併設の「社会課題対応センサーシステム開発プロジェクト(平成23~26年度) グリーンセンサ・ネットワーク(GSN)プロジェクトセミナー」での伊藤氏の講演「見えてきたグリーンMEMSセンサ端末の姿」
[画像のクリックで拡大表示]

社会インフラが求めるセンサ・モジュールとはどのようなものか。セブン-イレブン・ジャパンや東京電力による実証実験を、センサの開発などから支えているNMEMS技術研究機構 グリーンセンサネットワーク研究所 つくば研究センター長の伊藤寿浩氏が「見えてきたグリーンMEMSセンサ端末の姿」と題した講演において解説した。目指すセンサは、無線通信機能と電源を備えて、コストは1000円で、敷設は貼るだけだ(関連記事1「見えてきた「バンソウコウ・センサ」、1枚1000円で貼るだけ」)。

 伊藤氏らが進めているNMEMS技術研究機構による「グリーンセンサ・ネットワーク・プロジェクト」。ここで開発を進めているセンサ・モジュールは、社会インフラが求める姿に少しずつ近づいてきたと同氏は言う。

 社会インフラ向けに求められるセンサ・モジュールは、小型かつ軽量で、建物や機器などの外観を損なわずに簡単に配置でき、メンテナンスや交換などの手間が少なく、低コストで湯水のようにばらまくことができるものである。さらに、センサ素子が検出した物理量や光学的な情報を、その場で信号処理し、その結果をインターネット上などに無線で送信できなければならない。しかも、このような検出や信号処理、送信を、故障や電池切れなどがなく、できるだけ長期間、継続することが求められる。

 こうしたセンサ・モジュールとして、同センターでは、例えば、赤外線アレイ・センサ・モジュールを開発している。絆創膏のように、貼るだけでセンサ・ネットワークを構築できるものである。MEMS(微小電子機械システム)の応用による赤外線センサを高集積化した上で、信号処理用のIC、無線通信用デバイス、樹脂によるフレキシブルな基板に形成されたアンテナまで重ねて一体化し、20mm×45mmに小型化した構造である。今後、このデバイスが自立的に機能できるように、電源を集積する開発を進めていく(図1)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング