デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

顧客に納めた医療機器の精度を監視、医療機関のレベル底上げに貢献

シスメックス

河井 保博=日経BPクリーンテック研究所
2013/09/05 00:00
印刷用ページ

顧客に納めた機器の状況を定期的にチェックし、メンテナンスを効率化する――。最近、製造業の企業が、こうした「サービス化」に取り組む例が目立ってきた。医療業界での例に、神戸を本拠としてグローバルに事業を展開しているシスメックスのサービスがある。

 顧客に納めた機器の状況を定期的にチェックし、メンテナンスを効率化する――。最近、製造業の企業が、こうした「サービス化」に取り組む例が目立ってきた。医療業界での例に、神戸を本拠としてグローバルに事業を展開しているシスメックスのサービスがある。シスメックスは血球計数器を中心に事業を拡大してきた。この事業の一環として、販売した医療機器の精度管理サービスを提供している。売上高の4分の3が海外の医療機関によるため、サービスもグローバル展開だ。

 医療機器をはじめとする測定機器は、その精度を維持することが前提となる。このため、装置を利用する前、あるいは定期的に、精度の確認テストをし、結果がずれていないかを確かめる。通常は、医師会などが医療機器の精度測定を促すことが多いが、これは年に1回程度の頻度でしかない。その間に精度がくるってしまうと、長期間にわたって正常な検査結果を得られないことになる。極端な場合は誤診にもつながりかねない。

 こうしたことからシスメックスが実施しているのが、日常的な精度チェックを可能にするサービスである(図1)。対象とする医療機器は100種類以上、台数にするとグローバルで2万台以上。このうち約8割は同社が製造する機器である。

タイトル
図1●医療機器の精度チェックをサービスとして提供している
写真の機器は血球計測器。

 一見する限りでは、あくまでもメーカーであるシスメックスの顧客向けサービスである。ただ、医療機関での検査精度向上を支える仕組みづくりと捉えると、社会的な課題を解決する取り組みでもある。このサービスを支える、医療機器に内蔵されるデバイスや無線通信は「ソーシャルデバイス」だといえよう。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング