デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

「未来のあたり前」目指す大日本印刷、武器はソーシャル・デバイス活用のアイデア

河井 保博=日経BPクリーンテック研究所
2013/09/04 00:00
印刷用ページ

生活の利便性や快適性を高めるとともに、人の場所や状況に合わせてタイムリーに情報を配信し、行動を促す。こうした「未来のあたり前」を、ソーシャル・デバイスを活用しながら実現していこうとしている企業がある。大日本印刷(DNP)だ。生活者がスマートに働き、心地よく暮らせる、「やさしい」未来の街を作る――。これがDNPの目指すところである。

 生活の利便性や快適性を高めるとともに、人の場所や状況に合わせてタイムリーに情報を配信し、行動を促す。こうした「未来のあたり前」を、ソーシャル・デバイスを活用しながら実現していこうとしている企業がある。大日本印刷(DNP)だ。生活者がスマートに働き、心地よく暮らせる、「やさしい」未来の街を作る――。これがDNPの目指すところである。

 社会の課題を解決するソーシャル・デバイス。プレーヤーの多くは、センサーネットワークの構成要素を提供するメーカーや、ITインフラを提供するベンダーである。ただ、DNPはこうした企業とは一線を画する。センサーなどの製品そのものを開発しているわけではないし、大手ITベンダーと比較し多様なITソリューションをそろえているわけでもない。同社が掲げる「未来のあたり前」において、活用するソーシャル・デバイスは、NFC(Near Field Communication)やスマートフォン、デジタルサイネージといったもの。仕組み自体は、それほど目新しものではない。

 同社が重視しているのは、ソーシャル・デバイスそのものではなく、その使い方に関するアイデア。情報への様々な入り口を設け、どのように情報を見せ、どのように人を動かすか。この“コミュニケーション・デザイン”の力こそが、DNPの武器といえる。将来のコミュニケーション・デザインの基盤として、生活者の行動情報やモノのセンシング情報を集めたビッグデータ解析にも注力しようとしている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング