家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第3回:個人に関する情報の扱いが原因で“炎上”

中道 理,河合 基伸=日経エレクトロニクス
2013/08/26 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年5月28日号 、pp.28-41 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 2011年後半から、個人に関する情報の取り扱いが原因で、“炎上”するインターネット・サービスが相次いでいる。中でも、“彼氏”の位置情報をスマートフォンに搭載されたGPSなどのデータを使って“彼女”に通知するサービス「カレログ」は、世間を大いににぎわせた。

 彼氏のスマートフォンにアプリケーション・ソフトウエア(以下、アプリ)を秘密裏にインストールしておくと、本人に気付かれることなく、彼女がパソコン上で位置情報などを確認できる。自分の居場所が無断で他人に知られてしまうという恐怖感に駆り立てられ、カレログの悪評は瞬く間に広がっていった。そして最終的には、総務大臣が「サービス当事者の改善を見守り中」とコメントする事態となった。

 これまでも、位置情報を含む個人に関する情報の取り扱いについては、専門家を中心に議論されてきた。しかし、世間がそれほど関心を持つことはなかった。それが、カレログという具体的な事例が提示されたことで、よりユーザーに身近な問題として認識されたのである(図1)。

図1 データの活用にはユーザーのコンセンサスが必須
個人に関する情報を扱うサービスや機器に、情報を提供することに不安感を覚えるユーザーは少なくない。事例を積み重ねてユーザーのコンセンサスを得る努力が、事業者側に求められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 カレログが世間から批判を浴びたことは、個人に関する情報を扱うサービス事業者を戦々恐々とさせた。「スマートフォンに関連するビジネスは急速に動き出しており、プライバシーなどへの対応は後追いになっている。ユーザーは敏感になっているので、急いで対応しなければならない」(あるインターネット広告会社)。

 しかし、個人に関する情報を、事業者がどのように取り扱うべきかについては、明確な基準が存在しないのが現状である。何がよくて、何がダメなのか

 今後は事例を積み重ねながら、「基準をユーザーと一緒に作っていく」(サービス事業者)作業が始まる。キーワードは、ユーザーの“納得感”、つまりコンセンサス(合意)を得ることである。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング