Social Device 生活と社会を支える
 

非エレクトロニクス分野を成長エンジンに

2013/08/13 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2004年7月号 、pp.26-38 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

円安を追い風に、スマートフォンなどの需要を取り込んだ国内エレクトロニクス業界が潤い始めた。といっても海外大手との比較では依然として負け組だ。よく似た状況が10年前にあった。デジタル家電で業績を回復させた2003年度である。当時『日経マイクロデバイス』が特集した「これで良いのか?日本の半導体とディスプレイ」(2004年7月号)を載せた。記事が指摘している「(半導体業界における)成長シナリオ崩壊の可能性」は現実となっていないが、世界における国内エレクトロニクス勢のポジションは、決算を見る限り、多くの企業で当時より沈んでいる。社会インフラ分野など、非エレクトロニクス領域を含む市場の開拓が、本物の復活へのカギとなる。

Contents

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング