次世代工場 工場の将来像が見える
 

現場のやる気を高める デジタルセル生産のススメ

関 伸一=関ものづくり研究所 代表
2013/08/06 00:00
出典:日経ものづくり、2012年4~9月号 、 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ


 作業者1人で1製品の組立作業を完結させる「1人完結セル生産」と、その作業をセンサやITの活用で支援することが、いかに生産現場の作業者のやる気(モチベーション)を高め、ひいては顧客に喜ばれる製品づくりにつながるかを解説します。

Contents

関 伸一(せき・しんいち)
関ものづくり研究所 代表
1981年芝浦工業大学工学部機械工学科卒。テイ・エス テックを経て1992年ローランド ディー.ジー.に入社し、品質改善を切り口とした生産改革に注力。2000年に完成させた、ITを取り入れて効率化した1人完結セル生産である「デジタル屋台生産」が日本の製造業で注目される。2008年からはミスミグループの駿河精機本社工場長、生産改革室長として生産現場の改革に従事。2010年3月に「関ものづくり研究所」設立。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング