デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

脱センサの米TI社、センサ向けICのベア提供で需要つかむ

三宅 常之=Tech-On!
2013/08/01 21:30
印刷用ページ
図1
図1
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2
図2
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3
図3
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Texas Instruments(TI)社は、2013年8月1日、市場拡大が見込まれるセンサ関連製品の事業方針を明らかにした(関連記事1)。同社主力のアナログ半導体などをセンサ・システム・メーカーだけではなく、センサ・チップ・メーカーへも販売していく。センサ・チップ・メーカーへは、半導体をパッケージに収める前のベア・チップで提供する(図1)。なお同社は2006年にセンサ事業を売却して、現在はセンサ事業を手掛けていない(関連記事2)。

 センサ・チップと組み合わせるアナログ半導体などをベア・チップで提供するのは、センサ・チップ・メーカーからの要望が多いためという。MEMS(微小電子機械システム)技術によって製造したセンサ・チップの信号を高精度に読み出すためには、一般にはセンサの近くにアンプやA-D変換器を置く必要がある(関連記事3)。センサとアンプなどを1チップ化することも可能で米Analog Devices社などが製品化しているが、別チップで製造してSiP(system in package)技術によって1パッケージ化するメーカーが多い。

 TIは、すでにオペアンプやA-D変換器のベア・チップ供給を開始しており、顧客の要望に応じてマイコンやインタフェースICもベアの状態で提供する考えだ。別のデバイス・メーカーにチップを供給することになるため、TIは不良がないことを確認済みのKGD(known good die)化している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング