• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器LINE、comm、Skype、無料通話サービスの実力を測定 > 第3回 何が劣化の要因なのか、測定環境を構築する

LINE、comm、Skype、無料通話サービスの実力を測定

第3回 何が劣化の要因なのか、測定環境を構築する

  • 松浦 賢一=GLEAN Corporation
  • 2013/08/14 00:00
  • 1/3ページ

 前回はLINE、comm、Skypeの音声品質について調べました。音声遅延時間が長いからといって必ずしも音声品質が悪いとは言えないことが分かりましたが、音声品質が劣化する要因については詳しく見ていません。

 そこで今回は、ネットワークの特性を変えながら遅延やパケット損失、揺らぎがどのような影響を及ぼすのか調べるために、その前段階としてオープンソースのIP-PBXである「Asterisk」を用いて測定用に閉じたVoIP環境を構築します。

測定環境を構築する

 最小限のVoIP環境を構築するため、今回の検証では表1のソフトウエアを使用しました。また、測定の使用する環境の基本構成を図1に示します。

表1●使用するオープンソース、フリーソフト、商用アプリケーション
名称 用途 バージョン 備考
CentOS Asteriskを動作させる為に使用 6.4Final 64ビット用
Asterisk IP-PBX 11.4.0 SIPサーバーとして使用
AGEphone for Windows Windows用ソフトフォン 1.0 Ageet製フリーソフトフォン
AGEphone for iPhone iOS用ソフトフォン 1.52 Ageet製フリーソフトフォン
VMWare Fusion 仮想OSを動作させる為に使用 5.0.3 ホストOSがWindowsの場合は、VM PlayerやVMWare Workstatiion、Virtualboxなどを使用
図1●遅延測定実施時の接続構成
[画像のクリックで拡大表示]

 簡単に構築の手順を以下で説明します。まずあらかじめ仮想OSを動作させるソフトウエアをインストールしているパソコンに、Asteriskを動かすためのOSとしてCentOSをインストールします。CentOSのインストーラはhttp://www.centos.org/から入手して下さい。インストーラを入手後、仮想化環境を構築するソフトウエアの指示に従ってCentOSをインストールします。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓