家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

LINE、comm、Skype、無料通話サービスの実力を測定

2013/08/12 00:00
印刷用ページ

 スマートフォンの人気アプリと言えば、無料通話・メッセージアプリが挙げられる。「LINE」の登録ユーザー数は世界で1億5000万(4月末時点)を超え、もはやプラットフォームといっても過言ではない。国内に目を向ければLINEの競合サービスも立ち上がっている。DeNAの「comm」はその筆頭だろう。無料通話という点ではPC向けから始まった「Skype」も広く利用されている。そこでこの特集では、LINE、comm、Skypeを取り上げ、それらの音声遅延や音声品質を測定するとともに、品質が劣化する要因を解析する。

Contents

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング