デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

ガン細胞、ストレス、建材水分量の可視化手法、ロームが提案

ロームのセンサ・ネットワーク技術(2)

三宅 常之=Tech-On!
2013/07/19 16:10
印刷用ページ
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
[画像のクリックで拡大表示]
図3
[画像のクリックで拡大表示]

More than Moore(モア・ザン・ムーア)型の半導体技術をセンサ開発に展開しているロームが、医療や建設などの世界で役立つセンシング技術を明らかにした(関連記事1)。いずれも赤外やX線などさまざまな波長の波を撮像素子やセンサで取り込んで解析する。多くの技術は従来から知られた原理に基づくので、実用化を進めている企業は他にもあるが、ロームは半導体技術を使って近い将来に身近な民生品に落とし込む狙いだ。

 同社は、人体を可視化できる撮像素子(イメージ・センサ)を開発している(図1)。波長が可視光よりも長い近赤外光(NIR)を使う。近赤外光には人体の内部まで3cm程度透過する性質がある。近赤外光LEDを照射して、反射光を専用撮像素子(化合物のCIGS膜を使った素子、関連記事2)で取り込む。近赤外光の中でも波長を変えて像を取り込み、画像処理することで、血管など目的の対象物をより鮮明に映し出せる。血管を鮮明に撮像化できれば、精度の高い生体認証にも応用できるようになる(図2)。

 近赤外光による撮像技術は、環境計測にも有効である。大気拡散の影響を受けない、揺らぎや霞みの少ない像を得ることができる(図3)。

 近赤外光はがん細胞も撮像化できる。波長1.2μmの近赤外光を使ってラマン散乱を応用することで、がん細胞を識別できる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング