• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス企業のソーシャル・デバイス戦略 > 「五感超え」「超低電力」で医療・建設のハイテク化目指す、ローム

企業のソーシャル・デバイス戦略

「五感超え」「超低電力」で医療・建設のハイテク化目指す、ローム

ロームのセンサ・ネットワーク技術(1)

  • 三宅 常之=Tech-On!
  • 2013/07/17 07:00
  • 1/3ページ
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
[画像のクリックで拡大表示]

 「人体の見えなかった部分を可視化する」「ヘルスケアや介護で見守りコストを大幅に減らして事業化の敷居を下げる」「構造物の劣化による危険を見逃さずに保守・補修のコストを激減させる」――。

 ここへきて、半導体や電子部品のメーカーから、医療・ヘルスケア・介護・建設などの分野に向けた提案が相次いでいる。半導体・電子部品メーカーは、スマートフォンやパソコンなど民生機器を主な事業領域としてきたが、そこで実績のある高信頼かつ低コストの技術や新規開発の技術を取り入れて、適用範囲を非民生機器分野に拡大する狙いだ。

 半導体を主力とするロームは、半導体の応用範囲を業界の中でも早くから民生機器以外に広げようとしてきた(関連記事1)。同社常務取締役研究開発本部長の高須秀視氏は、開発方針として「20年前からMore than Moore(モア・ザン・ムーア)を掲げてきた」と言う(関連記事2)。主にパソコンやサーバー向け半導体の性能向上の指針である“Moore(ムーア)の法則”に背を向け、応用範囲の拡大に適した開発を進めてきたのである(図1、2)。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓