半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

「五感超え」「超低電力」で医療・建設のハイテク化目指す、ローム

ロームのセンサ・ネットワーク技術(1)

三宅 常之=Tech-On!
2013/07/17 07:00
印刷用ページ
図1
[画像のクリックで拡大表示]
図2
[画像のクリックで拡大表示]

 「人体の見えなかった部分を可視化する」「ヘルスケアや介護で見守りコストを大幅に減らして事業化の敷居を下げる」「構造物の劣化による危険を見逃さずに保守・補修のコストを激減させる」――。

 ここへきて、半導体や電子部品のメーカーから、医療・ヘルスケア・介護・建設などの分野に向けた提案が相次いでいる。半導体・電子部品メーカーは、スマートフォンやパソコンなど民生機器を主な事業領域としてきたが、そこで実績のある高信頼かつ低コストの技術や新規開発の技術を取り入れて、適用範囲を非民生機器分野に拡大する狙いだ。

 半導体を主力とするロームは、半導体の応用範囲を業界の中でも早くから民生機器以外に広げようとしてきた(関連記事1)。同社常務取締役研究開発本部長の高須秀視氏は、開発方針として「20年前からMore than Moore(モア・ザン・ムーア)を掲げてきた」と言う(関連記事2)。主にパソコンやサーバー向け半導体の性能向上の指針である“Moore(ムーア)の法則”に背を向け、応用範囲の拡大に適した開発を進めてきたのである(図1、2)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング