Social Device 生活と社会を支える
 

省エネ編:消費電力の抑制に向けて太陽光発電やLEDを駆使

狩集 浩志,根津 禎,野澤 哲生,河合 基伸=日経エレクトロニクス
2013/08/26 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2012年5月14日号 、pp.53-54 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 鉄道事業者が用いる電力量の約20%を占める駅舎での消費電力は、年々増加傾向にある。その流れを止めようと、太陽光発電システムやLED照明などが駅舎に投入されている。

 その好例が、JR東日本が進める「エコステ」である。最初のモデル・ケースとして選ばれたのが、東京の四ツ谷駅だ(図10)。同駅は、2012年春にエコステの第1号になった。駅舎や隣接する商業施設の屋上に太陽光発電システムを導入し、駅舎だけで50kWの出力を備える。

図10 駅舎にLED照明や太陽光発電システムなどを導入
JR東日本は、省エネ技術や再生可能エネルギーなどを駅舎に導入する「エコステ」に取り組んでいる。そのモデル駅第1弾として、四ツ谷駅にLED照明や太陽光発電システムなどを導入した。(イラスト:JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホームやコンコースの照明にはLEDを採用した。駅名などを表示する電気掲示器や車掌用モニター装置のバックライトにもLEDを用いる。この他、昼間に電灯を消灯できるように採光用の天窓を設置した他、駅業務施設に家庭用燃料電池を導入した。

 こうした取り組みにより、四ツ谷駅でのCO2排出量を2008年度比で、約40%削減するのが目標である。JR東日本によれば、エコステを順次増やすという。四ツ谷駅の次は、千葉県のJR海浜幕張駅を予定している。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング