デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

非ICT分野の革新がデバイス需要を創出(2)

交通/河川/上下水道をセンサでスマートに

三宅 常之=Tech-On!
2013/07/10 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2010年1月号 、pp.76-78 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

超自然界への参入でデバイス市場は継続成長

 デバイスが超自然界に入り込み,進化を促すようになると,デバイス市場において正のスパイラルが再現する可能性がある。デバイスのコスト・パフォーマンス向上と,それに伴う市場規模の拡大である。こうなると,超自然界はデバイス・メーカーにとってうまみのある市場となる。

 これまでデバイスは,技術革新により継続的にコスト・パフォーマンスを向上し,応用機器内部での利用範囲を広げてきた。それと同時に,応用機器の性能向上と低コスト化をもたらして,応用機器のパーソナル化による需要拡大を加速している。超自然界向けデバイスにおいても進化が継続するなら,同様のことが起きる可能性が高い。

 農業を例に考えよう。デバイス技術が入り込み始めた初期の農業は,雨水センサーと潅水システムを自然の農業に組み合わせた程度だった。これが,植物工場になると,光,温度,湿度まで制御するようになる。光なら,蛍光灯やLEDのコスト・パフォーマンスの向上によって,すべての光源を人工的に与えられるようになってきた。そして部分制御ではなく,閉空間での全体制御が,商業レベルで実現しつつある。さらに将来には,LEDに加え有機ELなどの発光デバイスのコスト・パフォーマンス向上によって,植物工場の低コスト化と小型化が可能になるだろう。この結果,閉空間の植物工場を各家庭が所有できるようになる可能性は十分にある。

 植物工場が,多数の発光デバイスを搭載し,家庭にドンドンと入り込むことで,発光デバイスの市場はさらに拡大する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング