• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり3Dプリンタ 開花宣言 > ものづくりの世界が変わる(2)

3Dプリンタ 開花宣言

ものづくりの世界が変わる(2)

  • 中山 力=日経ものづくり
  • 2013/06/26 00:00
  • 1/3ページ

誰でも企画・設計

自分の顔の形をした、世界で唯一のバレンタインチョコを作ろう

 2013年2月2日と9日に開催されたワークショップ「ハイスペックすぎる自分型チョコレートを贈ろうの会」〔東京・渋谷のものづくりカフェ「FabCafe」とケイズデザインラボ(本社東京)が主催〕では、参加者の顔をスキャンして得た3Dデータから3Dプリンタで原型を作製(下図左の写真)。その形状をシリコーン型に転写し、チョコレートを流し込んで固め、自分の顔の形をしたチョコレートを作った(同図右の写真)。参加した20人弱の女性は、3Dプリンタとはほとんど縁のなかった一般の人たち。3Dプリンタを活用することで、従来は考えられなかったようなサービスを一般の人が体験できるようになる。このワークショップには、著名なチョコレート職人も注目したという。食品加工の領域でも、3Dプリンタが活躍する場面は増えそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]

芸術家だって使いたい

 芸術家も3Dプリンタを活用し始めた。右の写真は、彫刻家の名和晃平氏の作品だ。2012年に韓国で展示された、高さ13×幅15×奥行12mと巨大な「Manifold」という作品の1/30モデルを3Dプリンタで造形した。なぜ、これを作ったかというと、光の当たり方や下から眺めた時の印象などを検討するためとのこと。作品の手前に写っているのは、同じく人間の1/30モデルで、これで展示の仕方のシミュレーションができる。

[画像のクリックで拡大表示]

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓