半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

携帯電話機やPCに“脱Moore”の予感

IT機器の近未来像(フィンランドNokia Corp.,米Microsoft Corp.)

三宅 常之=Tech-On!
2013/06/05 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年7月号 、pp.36-37 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 携帯電話機とパソコン(PC)。微細化の恩恵を最大限に受けてきた応用機器において,“非微細化デバイス”が大きな付加価値をもたらす。そのような動きが具体化してきた。

ナノ技術で七変化の携帯を実現へ

 携帯電話機では,最大手のフィンランドNokia Corp.が,2015年ごろの実用化を見据えたコンセプトを明らかにしている(図1)。傘下の研究所Nokia Research Centerが英University of Cambridgeと共同で,ナノテクが携帯電話機に新しい可能性をもたらすことを示した。ここで提示された可能性は,信号処理能力や通信速度の高さ,記憶容量の大きさによってもたらされる性能の高さではない。環境センシング,エネルギー,形状変化など,“More than Moore”技術による多様な機能である。

図1● Nokia の研究所が提示した携帯電話機の将来イメージ
フィンランドNokia Corp.のウェブ・サイトに2008 年に公開された未来の携帯電話機のコンセプト「Morph」。利用シーンに応じて自由に形状を変える。細長く折り畳んだ上でユーザーの腕に巻き付けることも可能である。ナノテク材料を使うことで筐体や電子部品を透明にすることもできるという。Nokia Research CenterとUniversity of Cambridgeのデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 このコンセプトは「Morph」とNokiaが名付けたもの。nmオーダーのワイヤー(ナノワイヤー)を使ったナノ技術(ナノテク)によって,携帯電話機が将来さまざまな機能を持つ可能性を示している。例えば,ナノワイヤーを分子センサーとして機能させる。手元の食物に有害な農薬が含まれていないかなどを検知して,安全性を確認することができるという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング