半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

電子デバイス進化の別解

2013/05/24 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年7月号 、pp.14-37 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

小さなチップに,同じ構造の素子をできるだけ数多く詰め込む。1958年のICの発明以来,電子デバイスは,たった一つの“解”に従って進化してきた。これによって生まれた圧倒的な情報の処理能力と蓄積能力は,社会活動や人々の生活を劇的に変えた。2000年代後半,デバイス事業の規模は巨大化し,もはや最先端のデバイスは,大量生産が約束されているリスクのない事業でしか作れなくなった。将来のデバイスの進化には,微細な素子を集積するための技術とは別の体系に基づく“別解”が必要だ。「More Moore」,「More than Moore」といったデバイスの作り手の視点ではなく,デバイスの使い手の視点から必要とされるデバイスの方向性を見直すと,“別解”のコンセプトが見えてくる。「アンビエント・デバイス」と呼ぶ,さまざまな場所に必要に応じた機能や情報を適材配置する,新しいデバイスのあり方が浮かび上がってくる。

Moore型デバイスの進化
[画像のクリックで拡大表示]
アンビエント・デバイスの進化
[画像のクリックで拡大表示]

Contents

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング