家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

その製品に、“いじりたくなる”仕掛けはあるか

ユーザー参加型の開発が、大量生産ビジネスに変革を迫る(第4回)

高橋 史忠, 狩集 浩志, 清水 直茂
2013/07/05 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年3月23日号 、pp.64 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 ユーザー参加型のものづくりがもたらすパラダイム・シフトと,どう向き合うべきか。製造業の研究開発や商品開発の改革からサブカルチャー論まで幅広い分野で活躍するアーサー・D・リトル(ジャパン)の川口盛之助氏は,いじりたくなる仕掛けを埋め込むことこそがユーザーの製品への愛着を取り戻すカギになると指摘する。

タイトル
川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)氏
アーサー・D・リトル(ジャパン) プリンシパル。慶応義塾大学工学部卒業,米University of Illinois理学部修士課程修了。日立製作所で材料や部品,生産技術などの開発に携わった後,KRIを経て,アーサー・D・リトル(ジャパン)に参画。現在は同社 プリンシパル。世界の製造業の研究開発戦略,商品開発戦略,研究組織風土改革などを手掛ける。著書に『オタクで女の子な国のモノづくり』(講談社)など。(写真:中野 和志)

 近い将来,「プロシューマー(生産消費者=生産に加わる消費者)」が製品を企画・開発するモノづくり革命が製造業に押し寄せる。インターネットの世界では,ユーザーがコンテンツやソフトウエアを制作・発信する基盤が登場し,いわゆるユーザー参加型メディアが台頭した。

 今後,これと同じ動きが実体のある“モノ”の世界に広がることになるだろう。ソフトウエアのオープンソース化やハードウエアのモジュール化など,目利きのユーザーが数多くの機能モジュールから面白いと思うものを組み合わせ,新しい製品や使い方を考案する環境が整いつつある。

 ファッション業界のように製造工程が比較的単純な分野では,既にその兆しが見えている。アパレル・メーカーは,ストリート・ファッションの着こなしから流行を予測し,洋服やアクセサリーのデザインに活用し始めた。街のファッション・リーダーによるコーディネートの発想力が,メーカーの流行発信力を超えたわけだ。

 自動車の分野では,萌え系のアニメ・キャラクターのイラストなどをデコレーションした「痛車」と呼ばれるカスタム・カーがマニアの間で人気だ。粘着剤付きフィルムに業務用のライン・プリンターで描画したイラストを自分で切り抜いて張り付ける。従来はエアブラシで塗装するといった職人技が必要だったが,プリンター技術の普及でユーザー自らが作れるようになった。今や,痛車マニアの数は数万人規模とも言われている。

 ユーザーが自分好みのモノを作る動きは,カスタマイズが比較的簡単な機器の外側の意匠部分から始まり,次第に心臓部に入り込んでいくだろう。手軽に使える自作ツールが普及することで,ユーザー参加型のモノづくりは草の根的に広がりそうだ。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング