家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

ものづくりの大衆化がもたらすこと

ユーザー参加型の開発が、大量生産ビジネスに変革を迫る(第3回)

高橋 史忠, 狩集 浩志, 清水 直茂
2013/06/28 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年3月23日号 、pp.61-63 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 ものづくりのパラダイム・シフトを引き起こす「UGD(user generated device)」。前回の「“消費者の発想は、メーカーを超えた」では,ユーザーの変容や少人数での機器開発,ソフトウエアのオープンソース化を例に,この新しいパラダイムの背景を紹介した。この動きは,これまで難しいと思われてきたハードウエアのオープン化にも及ぶ。

 ソフトウエアで起きたオープンソース化の波は,ハードウエアの分野にも押し寄せている。いわゆる「オープンソース・ハードウエア」である。回路や機能モジュールの作製に必要な設計図などを公開し,他社が自由に利用できるようにする動きだ。ハードウエア開発のコスト負担を減らし,開発期間を短縮することを目指す。

オープンソース・ハードウエアの萌芽
UGD実現のカギを握るのが,ハードウエアのオープンソース化だ。(a)はBug Labs社のモジュール群。(b)はOpenmoko社の携帯電話機の評価ボード「DBoard」。

 米Bug Labs社は,小型液晶パネルを使った表示や加速度センサなどの機能を備えた「BUG」と呼ぶモジュール群の設計図などをGPLライセンスで公開している。

 開発者は公開情報を使って,新しい機能を持つモジュールを開発できる。Bug Labs社が販売しているモジュールを購入することも可能だ。複数のモジュールを電子ブロックのように組み合わせることで,無線LANを使ったさまざまな機器を自作できる。既に,開発コミュニティーの数は1000を数えるという。

 このほかにも,Webガジェット開発ベンチャーのchumby社や,携帯電話機を開発する台湾Openmoko,Inc.などが,オープンソース・ハードウエアとして回路図などを公開している。

 興味深いのは,こうしたオープンソース・ハードウエアが米国などを中心に大学の教育ツールとして使われ始めていることだ。そこでは製造や開発の主なアウトソーシング先となっている中国や台湾,インドなどから多くの留学生が学んでいる。今後,オープンソース・ハードウエアの思想や開発スキルを学んだ開発者が増え,普及を加速させる可能性は高い。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング