• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器「誰でもメーカー」の時代 > 消費者の発想は、メーカーを超えた

「誰でもメーカー」の時代

消費者の発想は、メーカーを超えた

ユーザー参加型の開発が、大量生産ビジネスに変革を迫る(第2回)

  • 高橋 史忠, 狩集 浩志, 清水 直茂
  • 2013/06/21 00:00
  • 1/4ページ

 ものづくりにパラダイム・シフトが押し寄せている。機器の自作を仲間と楽しむ「UGD」が,製造業の表舞台に躍り出る。前回の「“自作”が変える、ものづくりの姿」では,デジタル家電向けの簡易型ソフトウエア「ウィジェット」や,Webサービスと連動する機器「Webガジェット」を例に,エレクトロニクス業界で始まったUGDの萌芽を紹介した。こうした動きは,消費者の発想がメーカーを超えつつある現状を映し出している。

 エレクトロニクス業界で始まったUGDの萌芽は,ユーザーのユニークな発想から新しいデジタル家電の楽しみ方が生まれることを期待する取り組みといえる。機器メーカーが用意したプラットフォームの上で,メーカー側が想定していなかった使い方をユーザーに考えてもらう。その使い方に多くのユーザーが共鳴すれば,その機器はヒット商品の仲間入り,というわけだ。

 もちろん,ユーザーが生み出した想定外の使い方が機器やサービスの思いがけない普及に貢献することは,以前からあった。だが,ここにきて,“想定外”が起きる可能性は以前より格段に高まっている。インターネットの普及による「ネット口コミ」の拡大で,他のユーザーが発信する製品の使い方や評価を知ることが容易になったからだ1)

 今や,ユーザーはメーカーやマスコミの情報を一方的に受け取るだけではなくなった。メーカーが持つ技術などの専門情報をユーザーが簡単に得られる環境が生まれているのだ。その状況は最終製品だけでなく,より専門性が高く要素技術に近い研究開発の分野にまで浸透しつつある。

 「3~4年前から研究開発の様相が変わった。動画共有サービスなどの普及で,研究成果が直接,消費者の目に触れるようになったからだ。結果,消費者のアイデアで,研究者が思ってもいなかった方向に技術が発展する現象が生じ始めている」。ユーザー・インタフェースの研究などで著名な東京大学大学院 情報学環の暦本純一教授はこう指摘する。

 大手家電メーカーのある技術者は打ち明ける。「最近,メーカー側で思い付く発想をユーザーが超えてしまっていると感じることがある」と。現在の家電メーカーを取り巻く新製品開発にかかわる閉塞感の一つは,ここに起因するのかもしれない。

 メーカーを超えた発想を持つユーザーは,メーカーが提供する完成品だけでは満足できなくなっている。自分が使いたい,楽しみたいと思う機能を,自由に作れないことが多いからだ。特に,物心が付いたときからネット・サービスが身近にある若い世代では,それが顕著だとの見方は強い。「今の若い消費者は20年前とは全く違い,受け身ではない。製品の使い方に発言権を持ち,インターネットの普及によって機器の新しい使い方さえ発想したいと考える消費者が増えている」(ソニーのHoward Stringer会長兼CEO)。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ