家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「誰でもメーカー」の時代

日経エレクトロニクス
2013/06/13 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年3月23日号 、pp.56-65 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
タイトル
(イラスト:北村 公司)

 誰でもメーカーとして製品開発やものづくりに携われる時代がやってくる――。

 米国の雑誌『Wired』の編集長を務めるクリス・アンダーソン氏が2012年10月に出版した『MAKERS』(Crown Business、日本語版はNHK出版)をはじめ、新しい製造業のパラダイムやイノベーションの姿を語る声がメディアをにぎわせている。

 ソフトウエアやWebサービスで起きたユーザー(消費者)参加型の開発形態「UGC(user generated content)」が、ハードウエアの世界にも押し寄せる。『日経エレクトロニクス』は、この潮流を世界に先駆けていち早く捉えたメディアの一つだ。

 2009年3月に発行した同誌の創刊1000号記念で「誰でもメーカー」をテーマにした特集記事を2号連続で掲載した。ユーザー参加型のものづくりで生まれる機器「UGD(user generated device)」をキーワードに、ソーシャルメディアの台頭によるビジネスや社会の変容、回路のモジュール化や3Dプリンタといったハードウエア開発環境の変化と課題を詳細に分析している。

 今から4年前。日経エレクトロニクスが見た未来を紹介しよう。

contents

ユーザー参加型の開発が、大量生産ビジネスに変革を迫る

肝はオープン体制の構築、外部活用で一品一様を実現

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング