半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

第1回 ライセンス企業の激突、ARMの競合にImagination Technologiesが浮上

塩田 紳二=テクニカルライター
2013/05/13 00:00
印刷用ページ

 モバイルデバイスに採用されるプロセッサは、ARMアーキテクチャを採用したものが主流である。だが、スマートフォン登場以前のPDA世代や初期のスマートフォンでは必ずしもARMアーキテクチャだけではなかった。実際、米MicrosoftのWindows CEは、ARM以外にMIPSやSuperH(SH)など複数のプロセッサアーキテクチャに対応していた。また、組み込み系ではARM以外のプロセッサも広く使われていた。

 英ARMは、スマートフォン登場以前よりプロセッサの高性能化を始めていた。現在のCortex-Aシリーズに採用されているARMv7アーキテクチャは2004年、そしてARMv7アーキテクチャに基づく最初のプロセッサである「Cortex-A8」は2005年に発表されている。2007年のiPhone登場以後、スマートフォンの急激な成長が始まったが、技術的な背景には低商品電力で高性能なARMアーキテクチャのプロセッサがあったというわけだ。

 写真1は現在の現在のCortex-Aシリーズのロードマップである。既に「Cortex-A15」を搭載したSoCが発表されており、64bitモードを持つ「Cortex-A57」「同-A53」も開発中だ。今後の高性能化がこうしたロードマップから見てとれる。

写真1●現在のCortex-Aシリーズのラインアップ
「Cortex-A15」を搭載したSoCが発表されており、64bitモードを持つ「Cortex-A57/53」を開発中。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング