• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス半導体メーカー、スマホ時代の生き残り戦略 > 第1回 ライセンス企業の激突、ARMの競合にImagination Technologiesが浮上

半導体メーカー、スマホ時代の生き残り戦略

第1回 ライセンス企業の激突、ARMの競合にImagination Technologiesが浮上

  • 塩田 紳二=テクニカルライター
  • 2013/05/13 00:00
  • 1/5ページ

 モバイルデバイスに採用されるプロセッサは、ARMアーキテクチャを採用したものが主流である。だが、スマートフォン登場以前のPDA世代や初期のスマートフォンでは必ずしもARMアーキテクチャだけではなかった。実際、米MicrosoftのWindows CEは、ARM以外にMIPSやSuperH(SH)など複数のプロセッサアーキテクチャに対応していた。また、組み込み系ではARM以外のプロセッサも広く使われていた。

 英ARMは、スマートフォン登場以前よりプロセッサの高性能化を始めていた。現在のCortex-Aシリーズに採用されているARMv7アーキテクチャは2004年、そしてARMv7アーキテクチャに基づく最初のプロセッサである「Cortex-A8」は2005年に発表されている。2007年のiPhone登場以後、スマートフォンの急激な成長が始まったが、技術的な背景には低商品電力で高性能なARMアーキテクチャのプロセッサがあったというわけだ。

 写真1は現在の現在のCortex-Aシリーズのロードマップである。既に「Cortex-A15」を搭載したSoCが発表されており、64bitモードを持つ「Cortex-A57」「同-A53」も開発中だ。今後の高性能化がこうしたロードマップから見てとれる。

写真1●現在のCortex-Aシリーズのラインアップ
「Cortex-A15」を搭載したSoCが発表されており、64bitモードを持つ「Cortex-A57/53」を開発中。
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ